PR

 米RSA Securityが米国時間12月17日に,IEEE 802.11の暗号化技術「WEP(Wireless Equivalent Privacy)の問題を解決する新技術「Fast Packet Keying」を発表した。同社と米HifnをはじめとするIEEE 802.11委員会のメンバーが開発にあたった。すでにIEEE 802.11委員会の承認も得ているという。

 Fast Packet Keyingは,RC4アルゴリズムをベースとした技術である。データ・パケットごとに一意のRC4キーを生成し,パケットごとに暗号化する。

 現在IEEE 802.11無線LANに実装されているWEPは,RC4アルゴリズムを使っているが,「これはRC4アルゴリズムが脆弱(ぜいじゃく)ということではなく,問題はその生成方法にある」とRSA社は説明する。

 クライアントとアクセス・ポイント間で共有する情報から生成される,それぞれのキーがあまりにも類似していることに問題があるのだという。悪意のあるクラッカはその類似性を利用し,大量のパケットを分析することなく共有情報を抽出することができる。Fast Packet Keyingではこの類似性を避けた。共有情報をもとにそれぞれに関連性のまったくないRC4キーを迅速に生成するという。

 Fast Packet Keyingは,ソフトウエアやファームウエアのパッチという形で,無線LAN製品ベンダーによって提供されることを想定して設計した。これにより「顧客は既存の脆弱な環境を速やかに改良できる」(RSA社)。

◎関連技術
米パームが米ザーコムなどと提携し,IEEE 802.11b無線LANに向けた販促
「家庭向け無線LANが急拡大,2005年に企業向け市場を上回る」,と米調査
IEEE 802.11gの新ドラフトがリリース,802.11bとの相互運用性を確保
米インテルのIEEE 802.11bへの移行は,家庭内無線LAN「HomeRF」に大打撃
「無線LANホットスポット市場は急成長へ,無線LAN対応機器の伸びにも影響」と米ABI
2001年の家庭用無線ネット市場は前年比2倍の2億4300万ドルに,802.11bが7割強
「拡大する無線LAN,2006年の市場規模は2000年の4.6倍」,米ABIの調査
サイバーテロや産業スパイ対策,暗号市場は2007年に4億5760万ドルと現在の2.5倍

[発表資料へ]