PR

 米IDCが米国時間12月18日に,米国のIP VPNサービス市場に関して調査した結果を発表した。それによると,市場は需要側と供給側ともに2000年から大幅な成長を遂げており,2001年以降も成長し続けるという。米国IP VPN市場の規模は,2001年の54億ドルから2006年には147億ドルに拡大する見通しだ。この間の年平均成長率は22%である。

 プロバイダのタイプ別でみた場合,キャリア分野は2006年に53億ドル規模に達する。しかし,DIY(do-it-yourself)分野が引き続き最大シェアを占め,2006年には約94億ドルを創出する。

 2001年のIP VPN市場における主な特徴は以下の通り。

・IP VPNサービスの導入や拡張を進める企業の増加

・キャリアによるIP VPNサービスの拡大と成熟

・ベンダーによるIP VPN製品及びサービスの強化

 IP VPNは成熟しつつあり,企業向けWAN(wide area network)オプションの主流としての地位を確立している。「今年は昨年と比べて,より多くの米国企業がより多くの地域でより多くのリモート・ユーザーに対応したIP VPNを導入している」(IDC,IP VPNサービス部門調査マネージャのSteven Harris氏)。

◎関連記事
米AT&TがIP VPNサービスを拡張,用途ごとにきめ細かくサービス・レベルを設定可能に
「PalmがVPNクライアントになる」,米SafeNetがIPSec対応の「SoftRemotePDA」をリリース
「企業向けセキュリティ分野でVPNとファイアウォールが急成長」と米In-Stat
米シスコがVPN/ファイアウオール製品を拡充,「遠隔アクセスVPNの安全を確保」

[発表資料へ]