PR

 米EDSと米PricewaterhouseCoopersのコンサルティング部門であるPwC Consultingが,独SAPのソフトウエアを用いたERM(Enterprise Resource Management)サービスに関して世界的な提携を結んだと米国時間12月18日発表した。

 両社はSAP社製ソフトウエアのインストール,配布,保守サービスを行い,企業にERMサービスを提供する。

 SAP社製品に精通した専門家を両社合わせて1万人以上をサービス担当に当てる。SAP社製品に関するコンサルティング,実装,システム統合,アウトソーシング,製品サポート・サービスの利用を検討している企業が対象である。

 両社は今回の提携により,「企業向けアプリケーションにおけるアウトソーシングの需要増加に応え,企業が中核事業に注力できるようにする」としている。

 まず米国でサービスの提供を開始する。その後すぐに米国以外にも対象地域を拡大する計画だ。

 ちなみに米IDCによると,コンサルティング,統合,事業管理,サポートやトレーニングを含むERMサービス市場の規模は,2001年の400億ドルから2005年には620億ドルに達するという。

 なお,PwC Consulting社は米Sun MicrosystemsとCRMソリューションに関して提携を拡大することを12月12日に発表している。

◎関連記事
米Sun Microsystemsと米PwC Consultingが世界に向けたサービスで提携を拡張
SAPとピープルがCRMに注力ERPとの連携を軸に専業ベンダー追撃へ
バーンがERP新版を来年4月から出荷,ブラウザから全機能利用可能に
ERPの導入促進を狙い,デル,日立ソフト,マイクロソフトが協業へ
ERP導入企業は2年で7ポイント強の増加,SAPのシェアは25%,Oracleは15%に
米Oracleが企業の財務,人事,プロジェクトのビジネス・フローを統合する「FastForward Flows」を発表
企業のERP導入,情報共有と活用を期待,システムの保守性は期待外れ?
米ガートナーがIT管理者が関心もつ技術のトップ5を発表,ERPやSCMは圏外に

 ERP,SFA,CRM,HRM,SCMなど企業情報システムに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「CRM&ERP」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]