PR

 米Compaq Computerが米国時間1月7日に,2001年第4四半期業績予測の上方修正を発表した。同社が先に発表していた業績予測およびアナリスト予測を上回るという。売上高は80億ドルを超え,これによりに黒字転換を果たす見込みである。

 なおCompaq社は,2001年10月23日に2001年第3四半期の決算を発表しており,売上高75億ドル,純損失4億9900万ドル(1株当たり損失0.17ドル)を報告していた。このとき同社会長兼CEOのMichael D. Capellas氏は,2001年第4四半期に業績見通しについて「売上高は76~78億ドル,1株当たり損失は0.03ドルを見込む」などと述べていた。

 「これら(上方修正)は,Compaq社の業績が好調であること,Compaq社に確固とした勢いがあることを示している。私は従業員を誇りに思うと同時に,業務や顧客に重点を置いた彼らの継続的な取り組みを誇りとしている」(Michael D. Capellas氏)

 Compaq社は2001年第4四半期と通年の決算発表を1月16日に行う予定である。

◎関連記事
<Compaq社関連>
米コンパックがQ3決算を発表,33%の減収,純損失は4億9900万ドルで赤字拡大
【速報】米HP,250億ドルで米コンパックを買収
Compaqの2001年Q2決算,売上高84億5300万ドル,2億7900万ドルの赤字を報告
米コンパックが2000年Q4で赤字決算,売上高も9.7%増にとどまる
<IT業界関連>
米パームの2001年9月~11月期決算,前年同期比で44%減収
米モトローラのQ4決算は赤字の見込み,9400人を削減して2002年の黒字化を目指す
米レッドハット,2001年9月~11月の売上高は前期比2%増
米アドビが2001年9月~11月期と通年の決算発表,Acorbatは好調だが減収減益
米オラクルが2001年9~11月期の決算発表,「過去10年で最も厳しい四半期」とエリソン氏

[発表資料へ]