PR

 米Red Hatは米国時間1月8日にRed Hat Linux 7.2を米Compaq ComputerのAlphaプロセサにポートすることを発表した。出荷は2002年第1四半期を予定している。先ごろリリースしたRed Hat Linux 7.2と同じ機能をサポートする。

 「Compaq社のAlphaServerプラットフォームはLinuxコミュニティの間で人気があるRISC 64ビット・プラットフォームである。同社との長期的な協調関係を喜ばしく思う」(Red Hat社のエンジニアリング副社長のPaul Cormier氏)

 Alphaプロセサ向けのRed Hat Linux 7.2は,2002年第1四半期にCompaq社のWWWサイトwww.compaq.comから直接入手可能となる。またRed Hat Linux 7.2は,同社のワークステーションとデスクトップに加え,Compaq ProLiantサーバーでもサポートされる。

◎関連記事
米レッドハットが「Red Hat Linux 7.2」を出荷,カーネルは2.4.7
米レッドハットがRed Hat 7.1の米コンパックAlphaServer向けパッケージを提供開始
CompaqがAlphaServer GS Series対応のLinux開発キットをリリース
米デル,PrecisionとPowerEdgeの全機種でRed Hat Linux 7.2を提供
米コンパックがUNIXサーバー「AlphaServer ES45」を発表,1GHzのAlphaを最大4台
コンパック,Alphaの継続断念

発表資料へ