PR

 米Broadcomと米Palmが,Bluetoothアーキテクチャを共同開発することで提携を結んだ。両社が米国時間1月9日に明らかにしたもので,次世代「Palm」ハンドヘルドに向ける。「Broadcom社の“Blutonium”トランシーバ製品系列をベースとするアーキテクチャを,PAN(Personal Area Network)を実現するためのビルディング・ブロックとして使用する」(Palm社)という。

 Broadcom社のBluetooth用LSIを組み込んだPalmハンドヘルドを使うことで,ほかのハンドヘルドとの同期やBluetooth対応プリンタによる印刷を,有線接続せずに行えるようにする。Bluetooth対応電話と組み合わせれば,電子メールやインターネットの利用,外出先からの社内ネットワークへのアクセスも,無線で可能になる。

 Bluetoothのデータ転送速度は1Mbps程度。直接見通せない位置にある機器同士の通信が可能なので,通信機器をかばんに入れたままでも使用できる。Bluetoothはハンドヘルドの電池の“持ち”に及ぼす影響が少ないため,ユーザーの使用感を損なわずに無線接続機能を追加できるという。

 Blutonium製品系列は単一チップのソリューションで,「Bluetooth Qualification Board(BQB)Version 1.1」の認定を受けている。Palm社は,ハンドヘルド機に最適化されている「Broadcom BCM2033」を使用して次世代のPalm機向け無線ソリューションを設計するという。

 Palm社グローバル・オペレーションズ担当上級副社長のAngel Mendez氏は,「Palm機はそのサイズと電池寿命を最適化するため,チップの大きさや消費電力に制約が多い」と説明する。「Broadcom社のBluetooth製品は,コスト,サイズ,性能,消費電力における我々の要求条件を満たしており,ベスト・バリューのソリューションとなる」(同氏)

◎関連記事
企業ユーザーの間ではPalmが主流,米調査会社3社の結論
米ブロードコム,携帯電話向けのBluetoothチップ「BCM2002」を発表,オールCMOS
2001年のBluetooth対応チップセットの出荷数は1300万個,予測通りの伸び
「消費者はBluetoothに高い関心,5年間は年平均360%で急成長」と米In-Stat
2006年末の無線ネット・ユーザーは5億人以上,Bluetooth機器は現在の1600倍
近距離無線通信方式のBluetoothと802.11b,電波の干渉を防いで共存させることが不可欠---。DFI International社がレポート
「企業は“PAN(personal area network)”の時代に」,米ガートナーが分析
「企業は2004年までに三つの無線ネットワークに対応すべき」と米ガートナー

[発表資料へ]