PR

 米Bowstreetと米Sun Microsystemsが,Bowstreet社のWebサービス開発プラットフォーム「Bowstreet Business Web Factory」をSun社のWebサービスの枠組み「Sun ONE」に移植する。Bowstreet社が米国時間1月10日に明らかにしたもの。対象とするSun社のプラットフォームには「iPlanet Application Server」と「iPlanet Portal Server」を含む。

 これにより「動的なWebサービスの組み合わせが可能になる。つまり,Webサービスの組み合わせやカスタム化をサービス実行時に行える」(Bowstreet社)。

 Sun ONEは,オン・デマンド・サービスの開発/展開を行うために必要な,ビジョン,アーキテクチャ,プラットフォーム,専門的な技術を提供するもの。ここでの“オン・デマンド・サービス”とは,いつでも,どこでも,だれでもが,あらゆる機器から情報やデータ,アプリケーションを使えるようにするための概念である。

 この提携の一環としてBowstreet社は,iPlanet Application Server用の完全統合版Business Web Factoryを2002年第1四半期末までに提供する。さらに,iPlanet Portal Server用の統合を2002年第1四半期末までに行う予定。

 Business Web FactoryをSun ONE製品群に統合することで,オン・デマンド・サービスの組み合わせ/管理/展開が可能になるという。「動的にコンテンツとサービスを一つのポータルに集められる。その結果Sun ONEの顧客は,開発から市場展開までの期間を短縮し,Webアプリケーションの全工程にかかる維持コストを削減できる」(Bowstreet社)

 「BowstreetとiPlanet,そしてSun ONEのビジョンを組み合わせることで,インターネットでの業務遂行に関わるコストを低減する」(Bowstreet社マーケティング担当副社長のDave Rosenlund氏)。

 なおこの取り組みは,2001年2月に発表した両社の提携関係を深めるもの。この提携では,Sun ONE製品群への対応も目的としている。

◎関連記事
.NETに対抗! 米サンがWebサービスの枠組み「Sun ONE」の詳細を明らかに
米サンと米Bowstreetが提携,WebサービスとECサイトのインフラ提供で協力
米IBMと米ボウストリートがWebサービスで協力,Webアプリ設計ツールとWebSphereを統合
「ソフト開発者の90%がWWW分野に注力,Webサービスが最重要」と米調査
「Webサービスに過小評価は禁物,来年後半までに試験を始めよ」と米ガートナー
今後10年間で頭角を現す技術,顧客セルフサービス,Webサービス,ウエアラブル
Linux開発者の7割が「Webサービスこそ将来のインターネット・アプリ」と回答
「米国企業におけるWebサービス技術の普及は18カ月~24カ月先」,Jupiterの調査

[発表資料へ]