PR

 米RSA Securityが米国時間1月14日に,ID認証製品「RSA SecurID ComboReader」を発表した。「RSA社の認証トークン『RSA SecurID』のセキュリティ機能と携帯型スマート・カード・リーダーの利便性を組み合わせた」(RSA社)という。

 「RSA ACE/Server」と共用することにより,RSA SecurID ComboReaderはネットワーク向けのATMカードとして機能する。アクセスを許可する前に,2つの要素(本人が知りうるもの,本人が所有しうるもの)でユーザー認証を行う。

 スマート・カードはe-business向けの高度なセキュリティをはじめ,システム・アクセス,企業ID,アクセス権構築のためのプラットフォームを提供する。しかし,スマート・カード・リーダーの導入には時間と費用がかかる。「RSA SecurID ComboReaderはスマート・カード・リーダーをRSA SecurIDトークンに組み込むことにより,時間とともにニーズが増す企業のオンライン・セキュリティ展開を支援する」(RSA社)としている。

 RSA SecurID ComboReaderはRSA ACE/Serverや「RSA ACE/Agent」ソフトウエアのほか,「RSA SecurID-Ready」パートナによる製品群と共用するよう設計されており,カードまたはPINPADとして動作する。接続モードでは,携帯型PC/SC対応スマート・カード端末となる。コンフィギュレーションの種類は2年,3年,4年を用意する。

 RSA SecurID ComboReaderは30日以内に利用可能になる。詳細な情報はWWWサイトに掲載している。

◎関連記事
米RSA,WWWアクセスを簡易化するWML対応のセキュリティ・ソフトのベータ版を無償提供開始
米RSA,無線LANの暗号化技術「WEP」が抱えるセキュリティ問題を解決する技術を開発
米SafeNetと米RSAが提携拡大,無線VPN向けセキュリティ技術を提供へ
米ビザがスマート・カード用アプリ開発のフレームワーク「smart Visa Framework」を発表
2000年における世界のスマート・カード出荷枚数は前年比45%増
仏伊合弁STMicroelectronicsと仏Gemplusが,ISO15408準拠のスマート・カード・ソリューションを発表

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]