PR

 米Nextel Communicationsと米IBMが米国時間1月18日に,戦略的提携を結んだと発表した。米国内の企業顧客を対象とするモバイルeビジネス・ソリューションの開発/マーケティング/展開に向ける。

 この提携には,Nextel社の顧客関係管理(CRM:Customer Relationship Management)業務をIBM社にアウトソーシングする契約も含まれている。Nextel社の顧客サービス業務の管理/強化を目的とするもので,その契約期間は8年である。取引額は12億ドルに及ぶという。Nextel社の顧客サービス・センターの管理には,IBM社のサービス部門IBM Global Servicesと米TeleTechが共同であたる。

 「この提携により,当社は8年間で10億ドル以上のコスト削減を期待している。さらに,新たな無線データ・サービスを展開することで,売上高を拡大できるだろう」(Nextel社)

 またNextel社とIBM社は無線技術に関しても協力体制を敷く。無線の新技術を,「Nextel社の携帯電話機/モバイル機器と『Nextel National Network』を介して提供していく」(Nextel社)。「当社はIBM社と密に協力し,生産性向上を図るモバイル・アプリケーションを提供する。これは,データのアクセスや管理を出先から行う業務に向けるものとなる」(Nextel社社長兼CEOのTim Donahue氏)

 なおTeleTech社は,6カ所あるNextel社の顧客サービス・センターの管理を担当する。現在これらのセンターで顧客サービス関連業務に携わる従業員の数は4500名である。TeleTech社へのセンター管理業務の移管は,2002年第1四半期中に行う予定。

◎関連記事
米ネクステル,米クアルコム,米モトローラが「Direct Connect」サービスを第3世代CDMA網に拡大
米IBMと米シンボルがモバイルおよび無線コンピューティングの普及促進で提携
「無線サービス市場での成功には早期参入が不可欠」と米IDC
「2003年には無線/モバイル利用がBtoBの20%,BtoCの25%に」と米META Group
進む米国企業の無線利用,2001年末に従業員の47%が活用へ,小企業では5割突破
米国のモバイル・ネット市場,7年間で62倍の258億9000万ドル規模に
「北米のワイヤレス・データ通信のユーザーは5年後に1億3700万人に。企業用途ではPDAが主流に」---。米Dataquestの予測
広がりをみせる無線LANの世界。PCから家電,テレマティックスの分野へも

[発表資料へ]