PR

 米IBMと米MontaVista Softwareは,IBMのPowerPCマイクロプロセサでMontaVistaの組み込みLinuxプラットフォームを動作させるために技術提携したと米国時間1月22日,発表した。

 この提携は,IBMのPowerPCマイクロプロセサが組み込みシステムとネットワークング・アプリケーション向けLinuxを完全にサポートすることを目的としたもの。両社は,共同で販売とマーケティング活動を行う予定。

 この提携とは別に,IBMはMontaVista社の株の一部を取得する。詳細は明らかにされていない。

 MontaVistaは組み込みソフトウエア企業の1つで,IBMのPowerPCファミリーのプロセサ向けに最初のLinuxベースのプラットフォームを開発した。今回の提携に先立ち,両社はIBMのPowerPCベースのセットトップ・ボックスのチップとIBM PowerNP NP4GS3ネットワーク・プロセサ向けに対応させることで協力することを発表していた。

◎関連記事
米モンタビスタ,ARM対応の「Hard Hat Linux 2.0」をリリース
米モンタビスタ,組み込みLinuxを米インテルの「XScale」対応に
米モンタビスタと米IBMが組み込みLinux向け開発環境で提携
米IBMが低消費電力版のPowerPCを開発,民生機器に照準

IBMの発表資料へ
MontaVistaの発表資料へ