PR

 米RSA Securityが米国時間1月24日に,2001年第4四半期と2001年通年の決算を発表した。2001年第4四半期の売上高は6300万ドルで,前年同期の7810万ドルから減少。RSA Capital事業を含めた純損失は1010万ドル(希薄化後の1株当り損失は18セント)で,前年同期の純利益1億390万ドル(希薄化後の1株当り利益は1ドル70セント)から落ち込んだ。2001年第4四半期の数字には,投資活動による税引き前利益300万ドルが含まれている。

 主要事業による純利益は40万ドル(希薄化後の1株当り利益は1セント)。前年同期の同条件の純利益は1100万ドル(希薄化後の1株当り利益は18セント)であった。

 2001年通年の売上高は2億8270万ドルで,前年の2億8020万ドルに比べ0.9%の増収。RSA Capital事業を含めた純損失は250万ドル(希薄化後の1株当り損失4セント)。前年の純利益2億580万ドル(希薄化後の1株当り利益3ドル21セント)から大幅な赤字転落となった。2001年通年の数には,投資活動による税引き前利益4080万ドルが含まれている。

 主要事業による2001年通年の純利益は1470万ドル(希薄化後の1株当り利益25セント)で,前年の純利益3910万ドル(希薄化後の1株当り利益61セント)から減益となった。

 2001年の業績について,RSA社CEO兼社長のArt Coviello氏は「我々は満足してはいない。しかし,この経済状況下においては“よしとする”」と報告している。さらに今後の状況については,「IT関連支出が持ち直せば,顧客は当社を選択するようになるだろう」(同氏)と説明した。

 同社は,2002年の見通しについても明らかにした。主な内容は次の通りである。

・売上高:
-- 第1四半期:6300万ドルから6500万ドル
-- 第2四半期:6700万ドルから7100万ドル
-- 第3四半期:7000万ドルから7500万ドル
-- 第4四半期:7900万ドルから8400万ドル
-- 通年:2億8500万ドルから2億9500万ドル

・主要事業による1株当り純利益:
-- 第1四半期:1セントから3セント
-- 第2四半期:4セントから7セント
-- 第3四半期:5セントから9セント
-- 第4四半期:11セントから14セント
-- 通年:25セントから33セント

・RSA Capital事業を含めたGAAP(会計原則)ベースの純利益(括弧内の数値は純損失):
-- 第1四半期:(4)セントから(5)セント
-- 第2四半期:(1)セントから(3)セント
-- 第3四半期:(1)セントから2セント
-- 第4四半期:7セントから9セント
-- 通年:(2)セントから6セント

◎関連記事
米RSAがID認証製品「RSA SecurID ComboReader」を発表
米RSA,WWWアクセスを簡易化するWML対応のセキュリティ・ソフトのベータ版を無償提供開始
米RSA,無線LANの暗号化技術「WEP」が抱えるセキュリティ問題を解決する技術を開発
米RSAが認証ソリューションの米Securantを1億3650万ドルで買収
RSA SecurityがQ3決算発表,純損失1550万ドルで赤字転落,リストラ策も明らかに
まだまだ続くIT業界の給与減少,注目の職種は災害回復とセキュリティ関連
「米国IP VPN市場は年平均22%で成長,2006年は147億ドル規模」,と米IDC
「企業向けセキュリティ分野でVPNとファイアウォールが急成長」と米In-Stat

[発表資料へ]