PR

 米EarthLinkと米Compaq Computerが米国時間1月24日に,Compaq社の顧客に向けたインターネット接続サービスの提供に関して定型を結んだと発表した。Compaq社の「Presario」を購入した全米の顧客を対象にEarthLink社のインターネット接続サービス「EarthLink High Speed」を提供する。Presario向けのサービスはすでに利用可能である。

 EarthLink High Speedに申し込んだPresario購入者は,主に以下の内容のサービスを利用することができる。

・メールボックス(8個)
・「Personal Start Pages」(8ページ)
・容量10MバイトのWWWサイト(8サイト)
・無制限のダイヤルアップ接続
・24時間7日間対応の無料技術サポートとカスタマ・サービス

 Compaq社アクセス・ソリューション担当ジェネラル・マネージャのKevin Kyle氏は,「EarthLink社の提供する高速ケーブル/DSL/双方向衛星の広帯域アクセスはサービス地域が広い。当社の顧客に高速接続サービスを提供し,顧客のインターネット接続環境を改善できる」と述べている。

◎関連記事
米アカマイがインターネット・サービスのプラットフォームで大手ISPの米EarthLinkと提携
米アースリンクが米オムニスカイの資産買収を計画,Palm/PocketPC向け無線サービス獲得へ
“PCは持っているがネット接続はしない”というユーザーが7%,所得層によって理由はさまざま
ユーザーが下すインターネット・サービス・プロバイダの評価は低い
「米国の広帯域利用は2005年に3110万世帯,CATVモデムが5割占める」と米ヤンキー
「2001年末には米国家庭の75%がブロードバンドを利用可能」,米ヤンキーの調査
「「米国世帯の広帯域利用,2006年には過半数に迫る勢い」と米ジュピター

 CATV,衛星インターネット,移動・無線通信,など高速インターネット・アクセスに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「高速インターネット」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]