米AMDは米国時間1月30日に,動作周波数1.2GHzと同1.1GHzの「mobile AMD Duron」プロセサを発表した。省電力化を図るための技術「PowerNow!」を採用。また,米Microsoftの「Windows XP」に対応する。

 これにより,mobile AMD Duronのラインアップは1.2GHz,1.1GHz,1.0GHz,950MHzとなった。

 mobile AMD Duronは1チップに集積した合計キャッシュが192Kバイト。データ・プリフェッチ機能を備え,FSB(front-side bus)は200MHz。マルチメディア命令セット「3DNow! Professional」に対応する。

 1000個ロット時の価格は,1.2GHz版mobile AMD Duronが160ドル,1.1GHz版mobile AMD Duronが130ドル。両プロセサを採用したノート・パソコンが,大手パソコン・メーカーから発売される予定だという。

◎関連記事
米AMDが「mobile Athlon 4」の新版「1500+」を発表,米コンパックが搭載機を発売
米AMDが動作周波数1GHzの「mobile AMD Duron」プロセサを発表
米AMDが1.2GHz版「mobile AMD Athlon 4」と950MHz版「同Duron」を発表
米AMDが1.1GHzの「mobile AMD Athlon 4」と1GHzの「Duron」を発表
米AMDがノート向けの「Mobile Athlon 4」を発表,1GHz品が425ドルと安い
<米Intel関連>
「速度競争だけでは生き残れない」,米インテルが技術開発で“新機軸"
米インテル,ノート・パソコン向けPentium 4を初披露

[発表資料へ]