PR

 ウイルス対策ソリューション・ベンダーの英Sophosが米国時間2月1日に,2002年1月におけるコンピュータ・ウイルスの被害状況をまとめた調査結果を発表した。「Badtrans」ウイルスの変種「Badtrans.B」の被害が全体の61.1%を占めた。ワースト10は以下の通り。

■2002年1月のコンピュータ・ウイルス被害状況 

1.   W32/Badtrans.B (Badtrans variant)      61.1%
2.   W32/MyParty.A (My Party)                4.3%
3.   W32/Magistr.B (Magistr variant)         3.6%
4.   W32/Sircam.A (Sircam)                   2.9%
5.   W32/Nimda.A (Nimda)                     2.3%
6.   W32/Maldal.G (Maldal variant)           1.6%
7.   W32/Magistr.A (Magistr)                 1.4%
8.   W32/Gokar.A (Gokar)                     1.3%
8.   W32/Klez.E (Klez variant)               1.3%
10.  W32/Nimda.D (Nimda variant)             1.0%

     その他   19.2%

出典:Sophos社

 同社は,2002年1月に新種ウイルスを792種類検出した。現在,同社製品が防御できるウイルスは7万1984種類にのぼるという。

◎関連記事
「Badtrans.B」ウイルスが猛威,生かされないNimdaの教訓
メールを見ただけで感染するBadtrans.Bワームの猛威収まらず
米マカフィーが「W32/Badtrans@MM」ウイルスを警告,危険度は「中」
いまだに続く「SirCam」の脅威,10月のウイルス検出ワースト1に
2001年はセキュリティ難の年,今後はモバイル機器のセキュリティ対策が必要
2001年のウイルス被害は「Nimda」と「Sircam」で全体のおよそ50%,英ソフォス調べ

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]