米Dell Computerが米国時間2月6日に,中小企業向けEthernetスイッチ「PowerConnect」製品系列の新製品,「PowerConnect 2124」と「PowerConnect 2508」を発表した。両製品は「プラグ&プレイ」機能を備えるとともに,冗長性のある電源をオプションとして用意することで,「安定性を確保した」(Dell社)ことが特徴である。

 PowerConnect 2124と同2508の概要は以下の通り。

  • PowerConnect 2124:Fast Ethernetポート24基とGigabit Ethernetアップリンク・ポート1基を備える。パソコンやワークステーション,プリンタなどと,サーバーやPowerConnect 2508などのバックボーン・スイッチとを接続する際に使用する。価格は299ドル。
  • PowerConnect 2508:8基のGigabit Ethernetポートを備える。ギガビット・ネットワークに接続されたサーバーやワークステーションに向ける。価格は499ドル。

 両製品は,Dell社が9月5日に発表した「PowerConnect 2016」「同2024」を補完するものとなる。同2016はFast Ethernetポートを16基,同2024は24基備える。Dell社のGigabit Ethernet製品には,同じく9月5日に発表した「PowerConnect 3024」「同5012」がある。

◎関連記事
Dellが中小企業向けEthernetスイッチ「PowerConnect」ファミリを発表
米デルが01年11月~02年1月期決算を上方修正,消費者事業が好調で総売上高約80億ドルの見込み
「ネットワーク・プロセサ市場,2005年には72億ドル規模に」と米In-Stat
「ネットワーク・プロセサの世界市場は5年で10倍,2005年に25億ドル」と米調査
ネットワーク・プロセサの業界団体「NP Forum」が発足,米IBMや米インテルなど参加
これからはギガビット・イーサ! 米シスコと米インテルが普及促進で提携
Intel,IBMなどひしめくネットワーク・プロセサ市場,年平均63%成長で急拡大
「SONETからギガビット・イーサへの世代交代は5年後から」と米ヤンキー

[発表資料へ]