PR

 米Symantecが米国時間2月13日に,WWWベースのセキュリティ・ツール「Enterprise Solution Finder」を発表した。コンピュータ・ウィルスなどの脅威に対する適切で専門的な解説や解決策を,収集/分析/パーソナル化するためのもの。「整理された情報をワンタッチで入手し,正しいデータやネットワーク保護に必要なソリューションの検索にかかる時間を節約できる」(Symantec社)

 Enterprise Solution Finderは,サイバー・テロ,コンピュータ・ウィルス,ネットワークの脆弱性,侵入検知/予防,コンテンツ・フィルタリングなどの最新の話題に対応するという。さらに,「Symantec Security Services」「Symantec Security Response」の提供する詳細情報も扱う。適切な情報を扱っているWWWサイトへのリンクも提供する。

 ユーザーはSymantec社のWWWサイトにログオンし,Solution Finderをクリックし,いくつか質問に答えることで,カスタム化したWWWページを利用できるようになる。

 Symantec社グローバル・エンタープライズ・マーケティング担当副社長のChris Benham氏は,「Enterprise Solution Finderは,重要なセキュリティ・データを収集して分類するユニークなシステム。情報を読みやすく理解しやすい状態に加工する」と説明する。「あらゆる規模の企業で,タイミングよく包括的なセキュリティ関連情報を集めるのに利用できる」(同氏)

◎関連記事
「セキュリティ管理サービス市場は年平均25.4%で成長,2005年に22億ドル規模へ」,米IDC
「2002年のセキュリティ・ソフト世界市場は前年比18%増の43億ドル規模に」,米調査
「情報セキュリティ投資は今後5年で平均20%増加,2005年には318億ドル」,米調査
経済減速でもセキュリティには投資,世界市場は2005年まで年率23%で成長
2001年はセキュリティ難の年,今後はモバイル機器のセキュリティ対策が必要
90%の企業/組織がウイルスなど何らかのアタックを経験,米誌の調査
「ウイルス猛威にどこ吹く風,PCユーザーの大半は無防備」と米社調査
企業のセキュリティー管理は外部攻撃からの防御中心,主要企業の7割は全社的にウイルス・チェックを実施

[発表資料へ]