PR

 ドイツのSiemens Information and Communication Mobile(IC Mobile)と米PacketVideo社が現地時間2月19日に,マルチメディア・ビデオ・ストリーミングの技術統合で提携する。フランスのカンヌで開催中の「3GSM World Congress」で発表した。提携により,IC Mobileの「HotStreams」プラットフォームとPacketVideo社のモバイル技術を統合させる。

 今回の提携で実現する無線ストリーミング・サービス向けのエンド・ツー・エンドのソリューションは,無線事業者,アプリケーション・サービス・プロバイダ,企業に幅広い新しいビジネス機会を提供する。その一例としては,マルチメディア情報サービス,リンク先でビデオによる製品説明を提供するモバイル・ショッピング,マルチメディア・メッセージング,エンタテイメント・サービス,フィナンシャル,スポーツ・ニュースなどの購読サービス,eラーニング,製品トレーニング,メンテナンス技術者向けサポートなどの商用アプリケーションなどが挙げられる。

 「HotStreams」は,インタラクティブなオンデマンド型ビデオ向けのプラットフォーム。現在,PDA,PC,セットトップ・ボックスを持つTV上で動作しており,将来的には携帯電話上でも動作するようになる。

 同製品は,ハイパーリンク,ホットスポット,フレーム,ビデオ・シーケンスなどインターネット特有の機能を組み込んでおり,ビデオ内で提供されるボタンを使って,付加的な情報にリンクさせることができる。このボタンを有効にしているユーザーは,ビデオから直接WWWまたはWAPサイトを開くことができる。たとえば,株式市場に関するビデオを見ているユーザーは,アプリケーションを切り替えることなく即座に個別の株式チャートを呼び出すことができる。

 同プラットフォームは,GPRS,UTMS,xDSLをベースとしたモバイル無線ネットワークまたは固定ネットワークで利用できる。サービスを利用するために,ユーザーは標準のインターネット・ブラウザ,スクリプトが有効なプレイヤ,リッチ・メディアを閲覧するためのMPEG-4プレイヤを搭載した携帯電話が必要。またGPRS対応の携帯電話とともにPDAとノートブックでも利用可能となっている。

 統合されるPacketVideo社の「Mobilemedia System」は,同社の「QualityTrack」技術を基に構築した無線モバイルメディア・サービス向けのプラットフォーム。3GPPなどのモバイルメディア標準に準拠している。無線ネットワークを介して片方向または双方向のビデオ配信,高品質のオーディオ,動画,リッチ・グラフィックを携帯電話,PDAなどのモバイル・デバイスに配信できるようにする。

◎関連記事
「西欧のビデオ・ストリーミング市場は2006年に2億ドル規模,2001年の10倍に」と英調査
FOMA携帯電話機へライブ映像を配信。NTTドコモ,10月1日から実験開始
シャープがLinuxベースの無線携帯端末に,米パケットビデオのMPEG-4再生ソフト内蔵へ
米パケットビデオ,企業向けモバイル・マルチメディアで米HPと提携

発表資料へ