PR

 ユーザー認証技術の標準化団体Liberty Alliance Projectに,新たに11社がメンバーとして加わった。Liberty Alliance Projectが米国時間2月19日に明らかにしたもの。同時にLiberty Alliance Projectは,分散ユーザー認証仕様の初版のリリースを2002年中ごろに予定していることも発表した。

 新メンバーは米EarthLink,米EDS,米Nextel,米OneName,米PricewaterhouseCoopers,フランスSchlumbergerSema,米VeriSign,米Visa Internationalなどの11社。これによりメンバー企業は38社になったという。

 Liberty Alliance Projectは,米Sun Microsystems社など33の企業・団体が集まり,2001年9月に設立した業界団体。「ユーザーを第一に考え,ユーザー認証に関わるオープンで独立した標準技術の開発を目指す」(Liberty Alliance Project管理委員会委員長で米United AirlinesのCIOのEric Dean氏)もので,米Microsoftの「Passport」を強く意識している。

 Liberty Alliance Projectが策定する仕様の第1段階では,オンライン・サービス間で利用する分散認証仕様を提供する。これにより最適なセキュリティ標準を利用した安全なデータ交換を支援するという。

◎関連記事
Liberty Alliance Projectに,米AOLや米GM,米HPなど7社が新たに参加
AOLが米サン主導のユーザー認証技術標準化団体「Liberty Alliance Project」に参加
「MSの自由にはさせない」,米サン,ドコモ,ソニーなど33社がPassport対抗の認証技術で結集
米MSがPassport認証で方針転換,Kerberosを用いた共通ネットの構築を提案
米Microsoftが注力するPassport機能,未登録ユーザーの7割は「今後も利用せず」--米ガートナー調べ
経済減速でもセキュリティには投資,世界市場は2005年まで年率23%で成長
「ネット購入未経験者はオンライン決済のセキュリティを不安視」と米ガートナー
「PKI市場は年率61%で成長し,2004年には30億ドル規模へ」,米IDC調べ

[発表資料へ]