米Hewlett-Packard(HP)が米国時間2月25日に,最大8CPU構成のミッドレンジUNIXサーバー「rp7410」を発表した。中~大企業やサービス・プロバイダをはじめ,高性能技術コンピューティング環境に向ける。

 rp7410は動作周波数650MHzまたは750MHzの「PA-8700」プロセサを搭載する。OSは「HP-UX11i」で,ダイナミック(動的)パーティションに対応。同社が2001年9月に発表した「rp8400」と同様のハイエンド・セル設計を採用している。高さは10U(約45センチメートル)。

 自己回復キャッシュ技術を備えており,Uptime Instituteのフォールト・トレラント・パワー・コンプライアンスの認定を受けている。プロセサのホット・スタンバイ機能,HP社のクラスタリング・ソフトウエア「MC/Serviceguard」と統合する専用ビジネス・アプリケーションなどを提供する。

 rp7410のSPECjbb2000ベンチマーク結果は,1秒当たり8万4600オペレーション。「8ウエイの米IBM製『P660-6M1』を16.8%,12ウエイの米Sun Microsystems製『6800』を35.4%上まわる」(HP社)という

 SPEC CINT2000ベンチマーク結果は49.9,SPEC CFP2000ベンチマーク結果は36.8だった。またSPECint_rate2000ベンチマークでは,「IBM社のP660-6M1とSun社の3800よりそれぞれ22.6%,44.6%高い性能を示した」(HP社)。

 rp7410はすでに利用可能。米国での希望価格は6万9000ドルから。

◎関連記事
PA-RISCも速くなる,米HPが750MHzの「PA-8700」搭載のミッドレンジとハイエンド機を出荷
米IBMがUNIXサーバーのミッドレンジ機を発表,オン・デマンド方式を“初"採用
米コンパックが「Tru64 UNIX」を強化,1GHz動作のAlpha搭載サーバーも出荷
米サンがUNIXサーバーの最上位機「Sun Fire 15K」を発表,最大で106 CPU構成
米IBMがUNIXサーバーの最上位「p690」を発表,「ターゲットは米サンのFire 15K」
SunやHPに対する技術的優位は揺るがない---IBMのUNIXサーバー事業責任者
2001年Q3のサーバー市場は前年比30%減,シェア上位はIBM,コンパック,HP,サン,デル
2001年の世界サーバー市場はわずか1.8%の伸び,米国市場は9.5%減

 サーバの技術,製品,市場の動向に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「サーバー」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]