米New Millennium Research Council(NMRC)は米国時間2月25日に,「全国的な広帯域ネットワークの構築は,120万人以上の新規雇用を創出する」との調査結果を発表した。

 NMRCによると,以下の3つの分野で雇用の創出が見込めるという。

・広帯域ネットワークの構築と保守に関する直接的な16万6000の雇用口

・インフラ用コンポーネントやエンド・ユーザー向け機器を製造する,直接的な7万1700の雇用口

・サービスおよびアプリケーション開発を行う,間接的な97万4000の雇用口。これにはネットワーク導入の完了に伴い発生する付随的な産業も含まれる

 NMRCの依頼で調査を行った米TeleNomic Research社長のStephen Pociask氏は,「過去の例から,IT分野のなかでもとりわけ広帯域に対する投資が,国の経済や企業,消費者に多大な恩恵をもたらすことが明らかである。今回の調査で雇用の創出にもよい影響を及ぼすことがわかった」と説明した。

 雇用創出の恩恵を受ける上位15州は以下の通り。

    州名                         雇用口

・  カリフォルニア州            166,933
・  テキサス州                   88,837
・  ニューヨーク州               78,118
・  フロリダ州                   65,995
・  イリノイ州                   61,494
・  ペンシルバニア州             56,305
・  オハイオ州                   48,471
・  ミシガン州                   37,220
・  ニュージャージー州           36,363
・  マサチューセッツ州           35,500
・  ノースキャロライナ州         34,727
・  ジョージア州                 30,015
・  バージニア州                 27,962
・  インディアナ州               26,805
・  テネシー州                   24,076

◎関連記事
「米国でブロードバンド対応有料サービスの潜在需要は高く,市場規模は250億ドル」---米調査会社
ブロードバンドの選択肢を狭める都市に張り巡らされた共同溝
「欧州/中南米/アジア太平洋地域の広帯域接続サービス市場,2006年には330億ドル規模に」---米ヤンキー
「ブロードバンドがIT革新の鍵,好影響はIT業界以外にも」と米データクエスト

[発表資料へ]