PR

 米Gatewayが米国時間2月27日に,2002年第1四半期および2002年通年の業績見通しの修正を発表した。2002年第1四半期の売上高は約10億ドルで,特別費用を除いた税引き前損失は1億ドル~1億2000万ドルと予測する。粗利率は約14~15%の見込み。リストラ関連などの特別費用は約7500万ドル~1億ドルにのぼるとみる。

 2002年通年では,売上高が45億ドル~50億ドル,特別費用を除いた税引き前損失が2億ドル~2億5000万ドルの範囲との予測である。黒字に転換するのは2003年になるという。

 ちなみに同社の2001年第4四半期決算は,売上高が11億ドルで,特別利益を計上しない場合の純利益が510万ドル(1株当たり利益は2セント)だった。同社はこの時点で,「2002年は数四半期にわたって特別費用を除いた税引き前収支が赤字になる」と述べていた。

 同社は2001年第4四半期の決算発表時に明らかにしたリストラ策の大半をすでに完了しているという。現在は「中核となるパソコン事業とソリューション事業の両方で成長に向けて注力している。積極的な価格設定,さらに踏み込んだマーケティング・コミュニケーションを組み合わせ,ひきつづき市場開発を進める」(Gateway社)としている。

◎関連記事
米ゲートウエイの2001年Q4決算は予測通り黒字回復
米ゲートウエイが小企業向けサーバー「Gateway 930X」を発表,価格は5999ドル
米ゲートウエイが小企業/消費者向けのセキュリティ商品を発売
この不景気に何をする? 大手コンピュータ6社経営トップの施策とは
米コンパックが「2002年は増収,大幅増益」との見込みを発表
「米国IT支出は2002年に3.3%増加,2003年には11.5%増加」,米ヤンキーの調査
2002年のIT市場は緩やかに回復へ,中国のWTO加盟やセキュリティ製品/サービスがけん引

[発表資料へ