PR

 米Tiqit Computersが,ドイツのハノーバーで3月13日~20日に開催されるCeBITに,x86プロセサを搭載し,Windows,Linux,Unixが利用できるハンドヘルド機器「eightythree」を出展すると発表した。Tiqit社が米国時間3月7日に明らかにしたもの。

 eightythreeのきょう体サイズは約137×102×28mm。重さは約567グラム。米National Semiconductorの「Geode」,128Mバイトまたは256Mバイトの主記憶,10Gバイトのハード・ディスク装置,4インチのTFT液晶ディスプレイといった構成。ディスプレイは,タッチスクリーンで解像度は640×480ドット。

 「サイズはPDA,機能はノート・パソコン。これまで,量産はもちろんのこと,設計も不可能とされてきた。これはコンセプト製品ではない」(Tiqit社)

 eightythreeは,Windows XP,Linux,UNIX用のすべてのアプリケーションに対応するという。「ノート・パソコンやデスクトップ・パソコンでできることは,ほぼすべてeightythreeで実行できる。違いは小さくて携帯性に優れている点だけ」(Tiqit社CEOのIan Blasch氏)

 eightythreeは企業にとって大きなメリットをもたらすとTiqit社は説明する。「OSを特定のものに統一することで,企業はTCO(total cost of ownership)を大幅に削減できる。従業員にとっては携帯性と機能性が向上する」(Tiqit社)

 eightythreeの主な仕様は次の通り。

・プロセサ「Geode」(動作周波数は266MHzから300MHz)
・128Mバイトまたは256Mバイトの主記憶
・10Gバイトのハード・ディスク装置
・4インチのTFT液晶ディスプレイ(タッチスクリーン)。解像度は640×480ドット
・外部ディスプレイに対応。解像度は最大1280×1024ドット(75Hz時)または1024×768ドット(85Hz時)。
・SMS(ショート・メッセージング・システム)キーボード
・親指で操作するマウスボタン付きジョイスティック
・無線モデム対応のカードバスPCカード・スロット
・USB(1ポート)
・SDカード用スロット
・内蔵スピーカ
・リチウム・イオン・バッテリを内蔵
・きょう体サイズ:約137(長さ)×約102(幅)×約28(厚み)mm
・重量:約567グラム

◎関連記事
「PDAでもWindowsアプリを」,韓国のCyberbankが米CitrixのMetaFrameを採用
米シャープがZaurus用ソフト開発環境をLinuxとJavaにも拡張
シャープがPDAに組み込みLinuxを採用,今秋にも北米市場に投入
米コンパックが“Linuxづくし”の新戦略を明らかに,PDAからWS,サーバーまで
IBMの研究部門がLinuxウォッチを試作,PIMアプリも搭載
Lineoなどが携帯情報端末向けプラットフォーム,JavaとLinuxを組み合わせる
「Tablet PCの盛り上がりは期待できない」と米アナリストが分析

[発表資料へ]