PR

 「米Hewlett-Packard(HP)と米Compaq Computerの合併案を支持する団体が所有する株式は,反対派のHewlett家とPackard家および関連財団が所有する株式の約2倍にのぼる」などとするコメントを,HP社が米国時間3月17日に発表した。

 HP社によると,次の企業や団体が両社の合併案に賛成票を投じることを明らかにしているという。Alliance Capital社,Banc One Investment Advisors社,Barclay's Global社,Collins社,Domini Social Investments社,Federated Investors社,Fremont Investment社,General Motors Investment Management社,米Intel,ITUG,Interex社,L. Roy Papp Associates社,Putnam Investment社など。

 また,「過去2日間に,Florida State Board of Administration,Pennsylvania Public School Employees Retirement System,State Teachers Retirement System of Ohio,Wisconsin Investment Boardの4つの引退基金団体が,合併案を支持する意向を明らかにした」(HP社)。

 一方,合併に反対するWalter B. Hewlett氏は,「New York State Common Retirement System FundとState of Michigan Retirement Systemsに続き,New York State Teachers Retirement System,Public Employees' Retirement Association of Colorado,Parnassus Investmentsが合併案に反対する意思を表明した」との発表を3月15日に行っている。

 なお,合併案の株主投票は,HP社が3月19日太平洋標準時間午前8時,Compaq社が3月20日中部標準時午後2時に臨時株主会議で実施する予定。

◎関連記事
株主投票間近の米HPと米コンパックの合併案,賛成/反対のコメント合戦
米HPが合併案に反対するHewlett氏へ質問状
HPの取締役のDick Hackborn氏が株主と社員に合併合意を促す書簡を送る
「米HPと米コンパックの合併,顧客企業の6割が影響なし,またはプラスと回答」――米調査
米HPとWalter Hewlett氏がまたも対立――米コンパックとの合併問題で
ECが米コンパックと米HPの合併を正式承認
Walter B. Hewlett氏がHPとConpaq合併に反対する広告記事を米有力紙に掲載
米コンパック取締役会,HPとの合併に難色を示すW.Hewlett氏に「強く反対」と表明
【速報:HP-Compaq会見】「1+1<2」となる危険大きい――米HPはパソコンから撤退のニュアンス強い

[www.businesswire.comに掲載の発表資料]
[www.prnewswire.comに掲載の発表資料]