米Microsoftは米国時間3月19日,「.NET」対応アプリケーションおよびサービス開発ツール「Microsoft Visual J# .NET」のベータ2版を発表した。同日よりMicrosoft社のWWWサイトと開発者プログラム「MSDN」のWWWサイトで提供を始めている。最終版は2002年半ばにリリースする予定である。

 「Visual J# .NETは,Java開発者がXMLベースのWebサービス開発へ容易に移行できるようにする。Java言語で記述されたプログラムとその他言語による既存ソフトウエアとの相互操作性を高める。Microsoft社の『Visual J++』や,他のJava言語を利用する開発者は,すでに習得しているスキルやコードを用いて『.NET Platform』を活用することができる」(Microsoft社)。

 Microsoft社は,Java開発者の.NET Platformへの移行を促す「Java User Migration Path to Microsoft .NET(JUMP to .NET)」戦略を約1年前に発表しており,Visual J# .NETはその一環である。

 Visual J# .NETの主な特徴は次の通り。

・「.NET Framework」のASP.NET,ADO.NET,Windows Formsといった機能やXMLベースのWebサービスを利用できる。他言語との組み合わせが可能。

・統合開発環境 「Visual Studio .NET」と組み合わせることにより,Visual Studio .NETが提供するすべての機能を利用できる。

・Visual J++ 6.0のアップグレード・ツールが付属する。Visual J++ 6.0のプロジェクトやソリューションを,Visual Studio .NETフォーマットに自動的に更新する。これにより,Visual J++ 6.0開発者は容易にVisual J# .NETへ移行できる。

 なお,Visual J# .NETで開発したアプリケーションやサービスは.NET Frameworkにのみ対応しており,Java仮想マシンでは動作しない。Visual J# .NETは米Sun Microsystemsの承認および保証を受けていない。

◎関連記事
米サン,「Javaの普及を妨害した」と米マイクロソフトを独禁法違反で提訴
「Java開発者よ来たれ」,米MSが開発ツール「Visual J# .NET」のベータ版
「こっちの水は甘いよ」,米オラクルと米サンがMS環境からJ2EEへの移行ツール群
米マイクロソフト,Java言語を「C#」に自動変換するツールを発表
米マイクロソフトがWebサービスの構築/利用を支援するツールを続々リリース
米Microsoft,Visual J++のコードをC#に変換するツールを発表
Microsoftが「JUMP to .NET」を発表,Java開発者の.NET移行を図る

[発表資料へ]