PR

 米HP(Hewlett-Packard)の取締役会は米国時間3月19日に,米Compaq Computerとの合併計画の賛否をめぐる株主投票の結果について,「正式な結果ではないが,合併承認を得るに十分な投票を獲得したと確信する」という声明を発表した。同日行った株主投票の得票速報をもとに取締役会が推定したものという。

 なお正式な投票結果は,第3者機関であるIVS Associatesが集計を行って発表することになる。取締役会では「結果が出るのは数週間かかる」と見込んでいる。

 これについてHP社会長兼CEOのCarly Fiorina氏は次のようなコメントを発表した。

 「株主が合併の戦略的/経済的メリットを認識してくれたこと,(合併に反対している)Hewlett家/Packard家一族に賛同しない多数の株主が投票してくれたことを嬉しく思う。取締役会は今後も,持続的な株主価値の創出に尽力していく。株主からの支持を受け,HP社は急速に発展する市場で業界をリードするための機会を得た。我々はそう信じている。
 明日のCompaq社の株主投票の結果に期待している,投票結果が確定し次第,合併作業を完了し,これまで何カ月にもわたり準備してきた包括的な統合計画を速やかにスタートさせる」

◎関連記事
株主投票に自信を見せる米HP,「合併案賛成派の所有株は反対派所有株の2倍」
株主投票間近の米HPと米コンパックの合併案,賛成/反対のコメント合戦 
米HPが合併案に反対するHewlett氏へ質問状
HPの取締役のDick Hackborn氏が株主と社員に合併合意を促す書簡を送る
「米HPと米コンパックの合併,顧客企業の6割が影響なし,またはプラスと回答」――米調査
米HPとWalter Hewlett氏がまたも対立――米コンパックとの合併問題で
米HPが「Financial Times」誌の記事に反論,「CEO交替はない」
「KNOW MEANS NO」,Walter B. Hewlett氏がHP-Conpaq合併に反対する広告記事
米HPと米コンパックが合併計画の株主投票日程を発表

[発表資料へ]