米Rational SoftwareはSalion社が同社のソフトウエア開発プラットフォームを導入したと米国時間3月21日,発表した。これにより,「Salion社は開発プロジェクトの進行時間を以前と比べて最大400%短縮できる」(Rational社)としている。

 Salion社の設計者,システム・アナリスト,製品マネージャ,品質管理スタッフ,テクニカル・ライター,開発マネージャは「Rational Suite」の主要コンポーネントである「Rational Unified Process」「Rational Rose」「Rational RequisitePro」「Rational SoDA」を開発チーム全体で利用する。Salion社は約18カ月前にRational Unified Processをはじめとするツールの採用を決定し,エンジニア・グループによるソフトウエア開発の加速化と品質の向上を図ってきた。

 Salion社はRational社のソフトウエア開発ソリューションを導入して以来,「一度もリリース期限に間に合わなかったことがない。また,12件のリリースはすべて予定通りの機能を搭載している」(Rational社)という。

 Salion社はサプライヤ向けのソフトウエアを開発する企業。サプライヤが的確にターゲットを見極め,顧客満足度を向上できるよう,プロセス管理,データ分析,協業コミュニケーションといった技術を提供している。

 「ソフトウエア開発プロセスのベスト・プラクティスを取り入れ,密に統合されたツールを使うことが,Salion社ソリューションの拡張性と信頼性を確保するために必要不可欠だった」(Salion社エンジニアリング部門バイス・プレジデントのRoss
Buhrdorf氏)

◎関連記事
米ラショナルが製品拡充,チーム開発スイートの新版「Rational Suite v2002」などを発表
米VA Linuxが共同ソフト開発ツール「SourceForge Enterprise Edition 3.0」を発表
「ソフト開発者の90%がWWW分野に注力,Webサービスが最重要」と米調査
米MSがソフト開発者向けの事業部「Developer and Platform Evangelism」を創設

[発表資料へ]