PR

 モバイル通信用アプリケーションのデベロッパである加Research In Motion(RIM)社は,現地時間3月25日に,香港の企業ユーザーに向けた無線電子メール・アクセス技術「BlackBerry」の提供で香港のHutchison Telecommunications社と提携することを発表した。Hutchison Telecom社は,170万人のユーザーを抱える香港最大の無線事業者であり,今回の提携により,アジア地域で初めて「BlackBerry」技術を提供することになる。

 提携により,Hutchison Telecom社は,香港の企業ユーザーに向けてRIM社の無線電子メール端末「BlackBerry」,関連ソフトウエアとサービスを提供する。同端末は,Hutchison Telecom社のGSM/GPRSネットワークで動作する。

 今回提供される無線端末「BlackBerry 5820」は,ビルトインの電子メール,電話,SMS,ブラウザ,オーガナイザ機能を搭載している。「BlackBerry Enterprise Server」ソフトウエアにより,容易に設定,管理,そして企業システムとのバックエンド・インテグレーションとエンド・ツー・エンドのセキュリティが可能になる。

 同端末によるサービスを可能にするHutchison Telecom社の「Orange GSM Dualband」ネットワークと第2.5世代高速データ・サービスは,音声サービスとデータに迅速かつ容易にアクセスするための常時接続を提供する。

 Hutchison Telecom社によれば,同社のGPRSデータ・サービス・プラットフォームとBlackBerryシステムとの相互運用性のテストを行っており,現在顧客による試行段階にあるという。

 今回の発表では,両社の供給契約の詳細は明らかにされていない。価格,サービスの開始などに関する詳細は,後日発表される予定。

◎関連記事
大型商品不在のIT業界,“小”ヒット商品に走る
米IBM Global Servicesと加Research In Motion (RIM)が提携,企業のモバイル・ユーザーに向けてワイヤレス電子メール・サービスを提供
IBMとResearch In Motionが無線電子メール端末の企業向けソリューションで提携
英Hutchison 3Gが蘭CMGと提携,データと音声を統合したサービスを提供可能に
CompaqがRIMから無線電子メール・アクセス技術「BlackBerry」をライセンス

発表資料へ]