米Intelが米国時間3月25日に,企業向けサーバー・ソリューション推奨プログラム「Solution Blueprints」について明らかにした。

 特定の事業ニーズに合わせてテストしたソリューションや導入実績のある企業向けソリューションで,Intelベースのサーバーに対応した構成を推奨する。ハードウエア,ソフトウエア,ソリューション・インテグレータなどの協力を得て,他の事業でも簡単に導入できるようにする。

 「企業向けの推奨サーバー・ソリューションを開発する。Solution Blueprintsは,企業のソリューション導入を簡素化するほか,企業にソリューションの信頼性と高性能,そしてベンダー間の良好なパートナシップを保証する」(Intel社Sales and Marketing Group部門バイス・プレジデント兼Solutions Market Development Group部門ディレクタのDeborah Conrad氏)

 Solution Blueprintsに関してIntel社と協力するソリューション・インテグレータおよびプロバイダ,ハードウエア企業,ソフトウエア企業には,米Accenture,米BEA Systems,フランスのCap Gemini,米Compaq Computer,米Deloitte Consulting,南アフリカ共和国のDimension Data Holdings,米EDS,富士通と独Siemens AGの合弁子会社Fujitsu Siemens Computers,米Hewlett-Packard,米i2 Technologies,電通国際情報サービス,KPMG International社,Magic Maps社,米Microsoft,米MSC.Software,米Oracle,カナダのPivotal,米Plumtree Software,Plural社,米PwC Consulting,Questra社,米SAS Institute,Scient社,ドイツのSiemens Business Services,インドのSilverline Technologies,米SpeechWorks International,Stellcom社,Triaton社,Xcelerate社などが含まれる。

 Solution Blueprintsでは,事業におけるニーズ,ソリューションの成果,導入ガイドラインを明確にし,アプリケーション・ソフトウエア,ミドルウエア,OS,プラットフォーム,ハードウエアの仕様を策定する。Intel社の「Xeon」ファミリや「Itanium」ファミリ(2002年半ばにリリース予定の「McKinley」を含む)といった特定のプロセサに向けた推奨構成を定義する。

 Solution Blueprintsのソリューションは,金融サービス,製造,エネルギー,小売り販売,政府機関,電気通信,デジタル・メディアといった業界に向ける。最終的には数百種におよぶ推奨ソリューションを公開する計画である。

◎関連記事
Intel社の新しいXeonプロセサとチップセットを発表,サーバーのパフォーマンスを80%向上させる
日本IBMがIntelの正式発表前にXeon MP搭載サーバを発表
米インテル,動作周波数2GHzの「Xeon」を発表,ワークステーション向け
米インテルがワークステーション向け「Xeon」を発表,1.7GHzで最大91W
Itanium搭載機がいよいよ6月登場へ,本格普及は次期“McKinley"待ち
McKinleyの出荷時期が明らかに,2002年に1GHz品が登場
「2001年Q4の世界サーバー市場は売上高26%減,出荷台数7%減」,米IDCの調査
2001年の世界サーバー市場はわずか1.8%の伸び,米国市場は9.5%減

 サーバの技術,製品,市場の動向に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「サーバー」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]