PR

 アンチウイルス・ソフトとセキュリティ・サービスを提供する米Central Commandは米国時間4月1日,2002年3月におけるコンピュータ・ウイルスのワースト12を発表した。ワースト1は「Worm/Klez-E」だった。Central Command社のウイルス緊急対策チームが確認した被害件数に基づいたデータである。

■2002年3月のコンピュータ・ウイルス被害状況

1.  W32/Klez.E          39.7%
2.  Worm/W32.Sircam     13.1%
3.  Worm/Badtrans.B     11.8%
4.  W32/Nimda            6.2%
5.  W32/Funlove          3.6%
6.  Worm/FBound.C        2.8%
7.  W32/Magistr.B        2.5%
8.  W32/Nimda.E          2.1%
9.  W95/Hybris           1.4%
10. W32/Magistr.A        1.3%
11. Worm/Lentin          0.9%
12. Worm/Gibe            0.6%

  その他              14.0%

出典:Central Command社

 「本物と偽物の区別が非常につきにくくなっている。例えば,3月のワースト12に初めて登場した『Worm/Gibe』は,米Microsoftのセキュリティ・アップデートをそっくり真似して無害を装っている」(Central Command社製品マネージャのSteven Sundermeier氏)

 その他の新たなワームとして,英語と日本語の両方を使ってユーザーを欺く「Worm/FBound.C」や,前大統領Bill Clinton氏の風刺画にみせかけた「W32/MyLife.b@MM」などがある。

◎関連記事
今度はクリントン前大統領の知名度を悪用したワーム「W32/MyLife.b@MM」
「『Worm/Klez-E』が3月6日に発症」とアンチウイルス・ベンダー各社が警告
MSの技術サポートを騙るワームで米ベンダー警告,「引っかかりやすく要注意」
2002年1月のウイルス検出ワースト1は「Badtrans.B」
「ウイルス猛威にどこ吹く風,PCユーザーの大半は無防備」と米社調査
WindowsとLinuxの両方に感染するウイルス,より危険な新種につながる可能性も

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]