PR

 米RSA Securityが米国時間4月1日に,2002年第1四半期決算の速報を発表した。売上高は約5500万ドル~5600万ドルの範囲で,前年同期の7360万ドルと比べて減収。GAAP(会計原則)ベースの純損失は約1400万ドル~1600万ドル(希薄化後の1株当たり損失は24セント~28セント)の見込み。前年同期は880万ドルの純利益(希薄化後の1株当たり利益は14セント)を計上していた。

 ちなみに前期の決算は,売上高が6300万ドル,RSA Capital事業を含めた純損失が1010万ドル(希薄化後の1株当り損失は18セント),主要事業による純利益は40万ドル(希薄化後の1株当り利益は1セント)だった。

 2002年第1四半期における一時的な非現金費用は約1100万ドル~1400万ドルとなる見込みである。この数字には,再編成にかかった費用,買収経費,投資および訴訟関連費用などが含まれる。

 主要事業による純損失は約500万ドル~700万ドル(希薄化後の1株当たり損失は8セント~11セント)とみる。前年同期の主要事業による純利益は960万ドル(希薄化後の1株当たり利益は16セント)だった。

 なお,同社は前期決算の報告時に,2002年第1四半期の業績を以下のように予測していた。

・売上高:6300万ドル~6500万ドル
・主要事業による1株当り純利益:1セント~3セント
・RSA Capital事業を含めたGAAPベースの純純損失:4セント~5セント

 同社は正式な2002年第1四半期決算を4月11日に報告する予定である。

◎関連記事
米RSAが2001年Q4と通年の決算を発表,Q4の純損失は1010万ドル
RSA SecurityがQ3決算発表,純損失1550万ドルで赤字転落,リストラ策も明らかに
米RSAがID認証製品「RSA SecurID ComboReader」を発表
まだまだ続くIT業界の給与減少,注目の職種は災害回復とセキュリティ関連
「米国IP VPN市場は年平均22%で成長,2006年は147億ドル規模」,と米IDC
「企業向けセキュリティ分野でVPNとファイアウォールが急成長」と米In-Stat
経済減速でもセキュリティには投資,世界市場は2005年まで年率23%で成長
「2002年のセキュリティ・ソフト世界市場は前年比18%増の43億ドル規模に」,米調査

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]