PR

 米Network Associates(NA)は,同社子会社であるMcAfeeのオンライン事業部門「McAfee.com」の,発行済み株式の公開買付額における交換率を増額した。両社が米国時間4月10日に明らかにしたもの。

 現在Network Associates社は,McAfee.com社の株式のうち75%を所有しているが,残りの株式を交換方式で買い取る計画である。これにより,McAfee.com社の株主は発行済み株式1株につきNetwork Associates社の株式0.78株を受け取ることになる。この交換率は,先日Network Associates社が発表した0.675という交換率に比べ15.6%増加した。

 社外の独立役員で構成されるMcAfee.com社の特別委員会は,この交換率が適切であるとの決定を下したという。この決定を受け,McAfee.com社の取締役会は同社の株主に対し,修正案を受け入れて株式を提供するよう提案している。

 なお買収が成立するためには,Network Associates社がMcAfee.com社の発行済み株式の90%以上を取得する必要がある。ただし,この条件は撤回される可能性があり,Network Associates社を除くMcAfee.com社株主の過半数が株式を提供すれば買収は成立する。

◎関連記事
米NAIが米マカフィー株式の公開買付を開始
米NAの2001年Q4決算,連結ベースで大幅増収・赤字縮小
米McAfee.com,HTML/XML使ったセキュリティ・サービスで米国特許を取得
経済減速でもセキュリティには投資,世界市場は2005年まで年率23%で成長
「2002年のセキュリティ・ソフト世界市場は前年比18%増の43億ドル規模に」,米調査
「情報セキュリティ投資は今後5年で平均20%増加,2005年には318億ドル」,米調査

[発表資料へ]