PR

 英Cable&Wireless(C&W)と米Microsoftが米国時間4月10日に「Microsoft TechEd 2002」の会場で,ワールドワイドの戦略的提携を結んだことを明らかにした。提携による最初のソリューションとして,C & W社は同社のホスティング・ネットワークに,Microsoftの「.NET」アプリケーション・プラットフォームを導入する。

 「ホスティング・ネットワーク『Exodus』上で,XML対応Webサービスの構築/導入/管理/監視を行う際に必要なインフラとマネージド・サービスを顧客に提供する」(両社)

 同ソリューションと将来提供する予定のソリューションで,「Microsoft Windows .NET Server」「Microsoft Visual Studio .NET」などの.NET技術を,C&W社の米国ホスティング事業Exodusが提供するホスティング・インフラやマネージド・サービスに統合するという。

 「Exodus社の分散プラットフォームに.NETを導入することで,ネットワークへのXML対応Webサービス導入時に,顧客はアプリケーションを大きく変更しないで済む」(両社)。さらに同プラットフォームでは,C&W社のIDC(Internet Data Center)に「Windows 2000」のサーバーおよびアプリケーションを導入できる。「最適な性能/信頼性/拡張性を実現するトラフィック管理,ネットワーク・サービス,コンテンツ配信などのサービスも継続して利用可能」(両社)という。

 なおExodus社は,同社の「myExodus」ポータルで提供している「Consolidated Reporting Service」など現行のWebサービスに,Microsoft社の.NET技術をすでに組み込んでいる。Consolidated Reporting Serviceは,同社のマネージド・サービスにレポート機能を提供するもの。Exodus社は,.NET技術をベースにした同社の分散アプリケーション・プラットフォームと追加サービスを提供する計画を立てている。

◎関連記事
米マイクロソフトが2億ドル超規模の「.NET」宣伝キャンペーンを世界10カ国で同時展開
「『Windows 2000 Server』の方が総コストは安くつく」と米アバディーン
米マイクロソフト,.NET向けホスティング・アプリの開発支援でコミュニティ
「我が社は北米Webホスティング市場のリーダー」,米エクソダスが調査結果を引用
「2006年の米国WWWホスティング市場は2001年の4倍強に拡大」,米IDCの調査
「WWWホスティングのアウトソースで1200万ドルの経費節減」と米ジュピター
「2006年の米WWWホスティング市場は約340億ドル,勝ち残りのカギはSLA」米社予測
サーバーのキャパシティ売ります/買います

[発表資料へ]