PR

 米DoubleClickが米国時間4月11日に,2002年第1四半期の決算を発表した。売上高は8370万ドルで,GAAP(会計原則)ベースの純損失は600万ドル(1株当たり損失は4セント)。ちなみに前期は売上高が9610万ドルでGAAPベースの純損失が6400万ドル,前年同期は売上高が1億1490万ドルで,GAAPベースの純損失が6040万ドルだった。

 2002年第1四半期における一時的な費用を除いた場合の純利益は140万ドル(1株当たり利益は1セント)となる。一時的な費用を除いた場合の営業支出は5280万ドル。前年同期の8390万ドルから大幅に減少した。

■2002年第1四半の業績(1株当たり純利益/純損失を除く単位:1000ドル)

                               2002年Q1      2001年Q4      2001年Q1
----------------------------------------------------------------------
売上高                          $83,656       $96,149       $114,870
GAAPベースの純利益(純損失)   ($6,044)     ($64,023)      ($60,419)
GAAPベースの
1株当たり純利益(純損失)       ($0.04)       ($0.48)        ($0.48)
一時的な費用を除いた場合の
純利益(純損失)*               $1,370        $1,656       ($10,499)
一時的な費用を除いた場合の
1株当たり純利益(純損失)*       $0.01         $0.01         ($0.08)
----------------------------------------------------------------------
*営業権の償却費用,買収関連費用,リストラ費用などを除く

出典:DoubleClick社

 事業部門別でみた場合,TechSolutions部門の売上高は5040万ドルで2001年第4四半期からわずかに減少した。電子メール・マーケティング・ソリューション「DART (Dynamic Advertising Reporting and Targeting)」が扱った広告は1710億件にのぼった。Data部門の売上高は1820万ドルで,Media部門の売上高は1630万ドルだった。

 また,同社は2002年第2四半期の予測についても明らかにした。売上高は7700万ドル~8200万ドルの範囲。一時的な費用を除いた場合の収支は,1株当たり1セントの損失~同1セントの利益とみる。

 なお,各部門の売上高見通しは以下の通り。

部門                            売上高(100万ドル)
----------------------------------------------------------------------
TechSolutions                   $48~$51
Data                            $18~$19
Media                           $11.5~$13
----------------------------------------------------------------------
合計                            $77~$82
----------------------------------------------------------------------
出典:DoubleClick社

◎関連記事
米ダブルクリックがプライバシ侵害の集団訴訟で和解
「電子メール広告市場,2005年に15億ドル規模で2001年の1.6倍」,米ガートナーの調査
「節度のない電子メール・マーケティングは顧客を失うだけ」と 米調査
電子メールはマーケティングで効果絶大,2001年の市場は110%増の21億ドルに
「電子メール・マーケティング市場は2003年に10億ドル超規模」,米Aberdeenの調査 
米国小企業の国外向け電子メール・マーケティング費は2005年に22億ドル超 

[発表資料へ]