PR

 米Motorolaと独Seimens AG傘下のSiemens Information and Communication Mobile(IC Mobile)が現地時間4月15日に,第3世代(3G)携帯電話機の開発で提携を結んだことを明らかにした。Siemens社はMotorola社の3Gプラットフォーム「i.300 Innovative Convergence」を用いてUMTS(Universal Mobile Telecommunications System)対応携帯電話機を開発する。

 i.300はマルチメディア機能やビデオ通信機能を持つ携帯電話機の開発に向けたソリューション。最新のチップセット,UMTSアプリケーション・プラットフォーム・ソフトウエア,開発ツール,参照デザイン,テスト環境などで構成する。

 今回発表した提携のもと,Motorola社の半導体部門Motorola SPSはマイクロプロセサ「DragonBall MX」シリーズを組み込んだi.300をSiemens社に提供する。アプリケーション・プロセシングとマルチメディア機能を備えており,「Siemens社は顧客のニーズに合ったUMTS製品を作ることができる」(両社)。

 i.300をベースにした最初のUMTS対応携帯電話機は2004年初頭にリリースする予定である。

 また,Siemens社は3G携帯電話機の第1弾として,Motorola社の携帯電話機「A820」をベースにした製品を2002年に市場投入する。i.300の開発に用いる技術をベースにし,MMS(マルチメディア・メッセージング・サービス),マルチコール,カメラ,MP3プレーヤ,着信メロディのダウンロード,ゲーム,Bluetoothといった機能を備える。

◎関連記事
蘭フィリップスがGSM/UMTS携帯電話機用デュアルモードのRF参照デザインを発表
米AT&T Wirelessとエリクソンが3G UMTS音声コールを確立,「米国で初めて」
米ルーセントとベルギーのOptionが,UMTS対応無線PCカードの開発/製造で提携
「モバイル・データ・サービスの市場規模は今後10年で40%増」と米調査会社
「米国ユーザーの63%はモバイル・データ・サービスに対価を支払う」と米調査
高付加価値モバイル・サービスへの関心度,高いのはイタリア,米国は低い
米国のモバイル・ネット市場,7年間で62倍の258億9000万ドル規模に
「米企業の21%と欧州企業の35%がモバイル・ソリューションに着手」と米IDC

 モバイル・インターネットに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「モバイル」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]