PR

 米MicrosoftとオランダRoyal Philips Electronicsは米国時間4月16日に,Windows対応リモート・コントロール製品/技術の供給に関して戦略的提携を結んだ。両社がWindows Hardware Engineering Conference (WinHEC) 2002で明らかにしたもの。

 この提携のもと,Philips社はWindows向けの赤外線(IR)リモコン技術を提供していく。具体的には,Microsoft社のOEM顧客に向けて,リモコン・プロトコル技術をライセンス供与する。またPhilips社はハードウエア・リファレンス設計ガイドラインを開発し,OEMに配布していく。

 これにより,「Philips社はMicrosoft社「Freestyle」対応リモート・コントロール製品の“優先的プロバイダ”になる」(両社)。

 また今回の提携の一環として,Microsoft社はFreestyle対応リモコン製品のロゴ(認定マーク)プログラムを展開していく予定である。さらにMicrosoftとPhilips社は,無線ベースの将来のリモコン技術に関しても,共同で探求を続けていくという。

 Freestyleは,2002年1月にMicrosoft社が発表したWindows XPの拡張機能である。Windows XPや消費者家電製品のユーザー・インタフェース仕様で,パソコンをキーボードではなく,リモコンなどで操作できるようにしようというもの。

◎関連記事
Moxi MCとFreestyle――CESの2大商品は情報家電に活気を呼ぶか
米MSがWindows XP SP1のベータ版配布を開始
米マイクロソフトの「Mira」対応ディスプレイがCeBITに登場
Windows XPのSP1は新機能付きの「Second Edition」相当,リリースは2002年後半にずれ込む
苦節10年――ようやく実るか,PCと家電の融合
米国でCES開催,Microsoftが家庭向けの新技術「Freestyle」と「Mira」を披露

[発表資料へ]