PR

 米Apple Computerが米国時間4月17日に,2002年第2四半期(2002年1月~3月期)の決算を発表した。売上高は15億ドルで,前年同期の14億3000万ドルと比べて4%増収。純利益は4000万ドル(希薄化後の1株当たり利益は11セント)で,前年同期の4300万ドル(同12セント)と比べて減益となった。

 2002年1月~3月期の粗利率は27.4%。前年同期は26.9%だった。また,2002年1月~3月期は海外の売上高が総売上高の45%を占めた。

 同社が2002年1月~3月期に出荷した「Macintosh」は81万3000台で,前年同期と比べて8%増加した。

 Apple社CEOのSteve Jobs氏は,「新しい『iMac』への需要が高く,2002年1月~3月期の出荷台数は22万台にのぼった」と説明した。同氏はまた,新製品を開発中であることや,2002年末までにさらに20店のApple販売ストアを開店する計画を明らかにした。

 2002年第3四半期(2002年4月~6月期)の見通しについては,「売上高は約16億ドルの見込み。1株当たり利益は2002年1月~3月期と比べて横這いか,若干上昇するとみる」(同氏)と述べた。

◎関連記事
米アップルの10月~12月期決算,37%増収で3800万ドルの黒字
米アップルが9月期と通年決算,3期連続で黒字だが,通年は2500万ドルの赤字

米アップルが「iMac」の新モデルを発表,液晶モニターを採用し1299ドルから
大いなる賭に出たアップル,新型iMacに託された使命とは?
「iMac」が好調,米アマゾンのオンライン・ストアでは4時間で初回出荷分が完売
<業界の業績関連>
米インテルがQ1決算を発表,売上高68億ドルで中間修正の予測通り
米デルが02年2月~4月期決算を上方修正,売上高減は2%で黒字幅は予測通り

[発表資料へ]