PR

 米AMDが米国時間4月17日に,2002年第1四半期の決算を発表した。売上高は9億207万3000ドルで,前年同期の11億8874万7000ドルと比べて24%減少,前期の9億5187万3000ドルから5%減少した。純損失は916万3000ドル(1株当たり損失は3セント)。前年同期は1億2483万7000ドルの純利益(1株当たり利益は37セント)を計上していた。また,前期の純損失は1584万2000ドル(1株当たり損失は5セント)だった。

 同社が2002年第1四半期に出荷したパソコン用プロセサは800万個に達し,売上高は6億8400万ドルにのぼった。前年同期の6億6100万ドルと比べて3%成長したが,前期の7億300万ドルから3%減少した。

 特にフラッシュ・メモリーが不振だったメモリ製品の売上高は1億6000万ドルで,前年同期の4億1100万ドルから大幅に低下。前期は1億9600万ドルだった。

 「『Athlon XP』への需要が高く,パソコン用プロセサ全体を牽引した」(AMD社会長兼CEOのW.J. Sanders III氏)

 AMD社は2002年第1四半期に,0.13μmルールの半導体技術を用いたノート・パソコン向けAthlon XPの出荷を開始している。同氏によれば,0.13μmルールの半導体技術を用いたデスクトップ・パソコン向けAthlon XPは,2002年第2四半期に出荷を始める予定である。また,「すべてのパソコン用プロセサの0.13μmルール製造技術への移行は,予定の2002年末より速く完了する見通しだ」(同氏)という。

 また同社は,2002年第2四半期の売上高を8億2000万ドル~9億ドルの範囲とする予測を明らかにした。

◎関連記事
米AMDの2001年Q4決算,PCプロセサが好調で前期比24%増収
米AMDが1.53GHz動作の新x86「Athlon XP」,「“XP”はWindows XPから命名」
米AMDがAthlon XPの新製品「2000+」を発表,米コンパック,米HPなどが採用へ
米AMDがAthlon XPの新製品「1900+」を発表,Compaq,富士通などが採用へ
<業界の業績関連>
米インテルがQ1決算を発表,売上高68億ドルで中間修正の予測通り
米デルが02年2月~4月期決算を上方修正,売上高減は2%で黒字幅は予測通り
米IBMが2002年Q1の決算を発表,世界的な減収とハードウエア部門の低迷で31%減益
米アップルの1月~3月期決算,「iMac」が好調で前年同期比4%増収

[発表資料へ]