PR

 米RSA Securityは米国時間4月24日に,製品部門の新設と人員削減を含む組織再編計画を明らかにした。認証,開発者向けソリューション,WWWアクセス管理に重点をおいた3つの製品部門を立ち上げる。「セキュリティ市場の機会や顧客のニーズへのより的確な対応を図る」(RSA社)としている

 RSA社社長兼CEOのArt Coviello氏は,「再編によって,WWW対応化を中心にインターネット・アプリケーションのセキュリティ確保に注力する。製品部門の新設によって,認証,暗号化,WWWアクセス管理の各分野に特化した優れたソリューションを提供する一方で,製品部門間の相補関係を組織レベルで維持する」と説明した。

 再編計画の一環として,プログラム費用の削減,製品ラインの簡略化を進めるほか,同社の世界における従業員の約17%に相当する約200人を解雇する。米国内の人員削減は今週中,その他の国でも早急に取りかかる予定である。同社は再編に要する費用として,今期決算に800~1000万ドルを計上する見通しだ。

 新設される製品部門は次の通り。

・「Authentication Products」部門:認証製品「RSA SecurID」と「RSA Keon」ラインに重点をおく。またスマート・カードや電子証明書などの認証ソリューションも提供する。同部門は上級副社長のBill McQuaide氏が指揮をとる。

・「Developer Solutions/Encryption」部門:開発者向けセキュリティ・ソフトウエアの開発に取り組むほか,「RSA BSAFE」製品ラインをコンポーネントや組み込みソリューションとして提供することに注力する。同部門は上級副社長のVictor Chang氏が統括する。

・「Web Access Management Products」部門:WWWシングル・サインオンおよび認証ソリューションを新たに開発し,「RSA ClearTrust」製品ラインの強化/拡充を行う。同部門は上級副社長のJoe Uniejewski氏が指揮をとる。

◎関連記事
米RSAが2002年Q1決算を発表,予想外の赤字で発表済みの業績見通しを撤回
米RSAの2002年Q1決算速報,前期から減収で赤字拡大
米RSAとシュルンベルジェセマ,ICカードを使った認証技術で提携
米RSAが認証ソリューションの米Securantを1億3650万ドルで買収
米RSAが米Xcertを6750万ドルで買収,PKI市場でのシェア拡大を狙う

[発表資料へ]