PR

 米Cisco Systemsが米国時間4月27日に,2002年2~4月期(2002会計年度第3四半期)の決算を発表した。売上高は48億ドルで,前年同期の47億ドルから2%増となった。

 純利益(GAAPベース)は7億2900万ドル(1株当たり利益は10セント)で,前年同期から大幅な業績改善を果たし,黒字に転換した。前年同期の純損失は27億ドル(1株当たり損失37セント)だった。前期の純利益は6億6000万ドル(1株当たり利益9セント)。

 買収関連費用やストック・オプション関連の給与税など,一時的費用を除いたpro formaベースの純利益は,8億3800万ドル(同1株当たり利益11セント)。同じ条件の前年同期の純利益は2億3000万ドル(同1株当たり利益3セント),前期の純利益は6億6400万ドル(同1株当たり利益9セント)だった。

 「利益が前年同期に比べ264%増,前期に比べ26%増となった。当期の業績に大変喜んでいる」(Cisco社社長兼CEOのJohn Chambers氏)

 これは「市場におけるCisco社の地位とスタッフによる堅実な業務遂行が組み合わさった結果」(同氏)という。「(この結果は)市場が回復した際にCisco社が大変好位置につけることを示している」(同氏)

 さらにChambers氏は次のように説明する。「経営上の観点からすれば,“ホームラン”の四半期だった。粗利率は63.1%,キャッシュフローは16億ドル,在庫回転率は7.5に達した。これは我々の目標値を上回る。我々は再び,競合する上位10社から市場シェアを奪い取った。我々の売上高の前年同期比は2%増,これら企業のそれは43%減だ」(同氏)

<通信市場関連>
米ワールドコムの2002年1Q決算は前年同期比減収で大幅減益
加ノーテルが2002年Q1決算報告,売上高は前年同期約半分の20億9100万ドル
米アースリンクの2002年Q1,13%増収で赤字額縮小
米AT&Tワイヤレスが2002年通年の見通しを下方修正
2001年Q4の通信機器市場,米シスコが3位に躍進でトップの座も射程距離内に

<Cisco社関連>
米シスコが決算発表,「堅実な四半期だった」---前期比8%増収で収益回復
米モトローラが2001年Q4と通年の決算を発表,Q4は12億ドルの赤字,新たに4工場を閉鎖
米シスコが事業再編計画の内容を明らかに,11の技術グループに分類
「時代はセキュリティ」,米シスコがVPN技術の米Allegroを1億8100万ドルで買収

[発表資料へ]