PR

 米Sega.comのSega Mobile事業部門が米国時間5月20日に,米Sprintと第3世代(3G)携帯電話機向けゲーム配信に関して戦略的提携を結んだと発表した。

 Sega Mobileは,セガの米国法人Sega of Americaの傘下にあるSega.com社が2002年4月に立ち上げたモバイル・ゲーム配信事業部門。北米の携帯電話やPDAユーザーに向けた無線双方向ゲーム・コンテンツの提供を目的とする。

 Sega社は,Sprint社が今夏に米国で開始する3Gネットワーク「Sprint Third Generation Network」向けにモバイル・ゲーム・コンテンツを提供する。モバイル向けフルカラー・ゲーム「Monkey Ball」などが含まれる。

 Sprint社のユーザーは,「Pengo」「Flicky」「Puyo Puyo」「Baku Baku Animal」など,多数のSega社のゲームを利用できるようになる。Sega社は順次タイトルを追加し,パズルやスポーツといったジャンルのゲームも充実させる計画である。

 「Sprint Third Generation Networkにより,3G対応装置ユーザーに高速無線データ通信を提供し,既存のアプリケーションやサービスを向上する。また,ゲーム,ビデオやオーディオ・クリップ,高性能メッセージング,ファイルを添付した電子メール,高速インターネット・ブラウジング,デジタル画像のやりとりを行うためのデータ伝送速度や最新アプリケーションに対応したプラットフォームを確立する」(Sprint社)

◎関連記事
セガ米国法人がモバイル向けゲーム配信を手がける新事業を立ち上げ
英British Telecomとノキアがモバイル・ゲーム配信で提携
モバイル・ゲーム標準化で大同団結,モトローラ,エリクソン,ノキアなど新団体
「やっぱりゲーム」,エリクソン,モトローラなどがモバイル・ゲーム標準化で提携
「世界の無線ゲーム市場は5年で18倍の175億ドルへ,米国市場が急成長」と米社
「米国ゲーム市場は現在110億ドル規模,モバイル・ゲームが急拡大」と米ヤンキー

[発表資料へ]