PR

 米Verizon Wireless社と米Microsft社は共同で無線データ・サービスを提供するための戦略的提携を米国時間5月23日に発表した。両社は,MSNサービスとコンテンツを提供する無線サービス,Windowsを搭載したハンドヘルド・デバイス,エンタープライズ・ソリューションを提供する。

 提携のもとMSNネットワークVerizon Wireless社は,米国の消費者向けに新しい共同サービス製品を通じて無線データ・サービスを提供するとともに将来的な次世代製品についても協力する。またさまざまなデバイスを通じて消費者と企業顧客の両方に向けた技術とサービスの開発を行い,共同ブランドとして提供することを予定している。

 共同で開発とマーケティングを行った「VZW with MSN」サービスは,5月24日から提供される。同サービスは,Verizon Wireless社のデジタルWeb対応無線デバイスを持つ顧客に対してMSNサービスとコンテンツを提供するもの。

 「VZW with MSN」サービスにより,Verizon Wireless社のインターネット対応デジタル携帯電話のユーザーは,「MSN Messenger Service」「MSN Hotmail」,「. NET alerts」,MSNの情報サービスなどを利用できる。同サービスは,Verizon Wireless社の無線Webサービスの新規加入者に対してもデフォルトのサービスとして提供される。

 また提携により,両社は無線アプリケーションにおける位置情報サービスや友人や家族とより効率的にコミュニケーションできるようにする技術などについても共同開発していく。

◎関連記事
2002年FIFAワールドカップに向けて米ベライゾンと韓国SK Telecom,米韓でローミング・サービス
米マイクロソフト,米ベライゾンなど4社が「Pocket PC 2002」搭載携帯電話機で協力
米ベライゾン,米クアルコムのプラットフォーム「BREW」対応アプリを今春発売
米ルーセント,米ベイラゾンによる米国初の第3世代携帯電話の機器供給
米ベライゾン,3Gネットワーク「Express Network」の商用サービスを開始

発表資料へ