PR

 米IBMと,米Halliburtonの子会社である米Landmark Graphicsが,石油/天然ガスの探索/生産(E&P)業界に向けたソリューションの提供に関して提携した。両社が米国時間5月24日に明らかにしたもの。「E&P業界におけるコンピュータ・システムの価格性能比や運用効率を劇的に高める」(両社)

 両社は,Landmark社のE&Pソフトウエア/ハードウエア技術,IBM社のハードウエア,システム・インテグレーション・サービスを組み合わせて,E&P業界向けLinuxソリューションを開発していく。これにより,「LinuxをE&P業界の標準プラットフォームにする」(両社)という。

 両社が開発するLinuxソリューションは,デスクトップ3Dグラフィックス,サーバー,モバイル・コンピューティングに関するものとなる。またスーパー・コンピューティング・アプリケーション向けにクラスタ技術も提供していく。

 具体的には,Landmark社のデータ管理ソフトウエア,地震情報処理/解析ソフトウエアをIBM社のeServerに最適化する。最適化対象には,Linuxクラスタやグラフィックス・ワークステーション「IntelliStation」が含まれる。

 また今回の取り組みにはIBM Global Servicesも参加する。IBM Global Servicesは顧客に対し,運用サポート・サービス,ITコンサルティング・サービス,アウトソーシング・サービスを提供するという。

◎関連記事
米IBMが「AIX 5L」の新機能を発表,「大容量の情報処理を効率化」
Linux Internationalが電気通信業界のLinux導入を支援,米コンパック,米IBMなどが活動に参加
■米サンが中小企業向け単機能サーバー「Cobalt RaQ 550」を発表,1699ドルから
米IBM,Linux用eビジネス・ソリューション・プラットフォームを発表,中小企業の導入を支援
米IBMと独SuSEが企業向けLinuxで提携,世界中の顧客にサービスを提供
米ボーランドが「Borland C++Builder 6」を発表,Windows/Linuxアプリ開発を可能に
独SuSEの「SuSE Linux Enterprise Server」が,米IBMのeServer iSeries/pSeriesに対応
米レッドハットが米IBMのサーバー機「eServer」向けにLinuxソリューションを提供

[発表資料へ]