PR

 米Palmが米国時間5月30日に,2002会計年度第4四半期(2002年3~5月期)の業績見通しの下方修正を発表した。Palm社は,当初2億9000万ドルから3億ドルと予測していた売上高を2億3000万ドルに変更した。また,「“損益なし”という見込みにも反することになる」(同社)との見解を明らかにした。

 「春の需要が予測ほど伸びなかった。しかしそれよりも,前年同期,そしてここ数カ月間と比べて3~5月期は市場の状況が悪かった。PDA市場は長期的には拡大するとみているが,3~5月期は売上高と収益の目標を達成できそうもなく残念だ」(Palm社会長兼CEOのEric Benhamou氏)

 また,Benhamou氏は,「過去3カ月間,我が社はハンドヘルド業界における主導的地位を固めてきた。新しい市場,新たな地域,新世代のハンドヘルドに対する投資が,今後数年間で収益性の拡大をもたらすことを期待している」と付け加えた。

 Benhamou氏は,2002年における3項目の企業目標について「計画通り進んでいる」と述べた。3項目の目標は以下の通り。

・ハードウエアに注力するPalm社と,OSを手がける米PalmSourceの両社を,自己資本の充実した,収益性の高い成長企業にする。

・Palm社のエンタープライズ戦略をスケジュール/予算に合わせて実行する。

・PalmのOSとソリューションをARMプロセサに移行する。

◎関連記事
米パームの2001年12月~2002年2月期決算,過剰在庫処分で黒字に転換
「『Palm OS』機は『Pocket PC』機より年間コストを41%削減できる」,米パームが調査結果を引用
「世界経済は2002年末に回復する見込みだが,企業のIT予算は変更無し」,と米調査
2002年の世界のPDA出荷台数は18%増,米Gartnerが予測
2001年のPDA出荷台数は前年比17%増の800万台,ただし伸び率は大幅に失速
企業ユーザーの間ではPalmが主流,米調査会社3社の結論
企業用途ねらった「Pocket PC 2002」マシンが続々,米MSが米英で発売イベント
「PDA市場で首位交代劇,Q2にiPAQがPalmを抜き首位に」と米データクエスト

[発表資料へ]