PR

 通信系半導体大手の米Conexant Systems社とシンガポールのExtended Systems社(ESI)が米国時間6月4日に,Bluetooth技術の開発とマーケティングで提携を結んだことを発表した。両社は,Bluetooth技術対応のヘッドセットと周辺機器の製造業者に向けて,ESIのBluetoothプロトコル・ソフトウエアとConexantのBluetoothシステム・ソリューションを統合して提供する。

 両社の製品を組み合わせることにより,Bluetoothバージョン1.1仕様に準拠するBluetoothヘッドセットの開発プラットフォームが形成される。同システム・ソリューションにより,Bluetoothヘッドセット製造業者は,製品開発が迅速に行えるとともに市場への製品投入までの時間が短縮できる,としている。

 Bluetoothヘッドセットは頭部または耳に装着する小型のBluetoothデバイスで,同技術に対応した携帯電話と無線を使って通信する。SG Cowen社の調査によれば,同ヘッドセットの市場は2005年までに6800万ドル規模に到達するという。

◎関連記事
Windows XP SP1からBluetoothサポート機能が外れる
米Conexant,消費電力4分の1以下のBluetooth対応チップ量産は第3四半期から
「Bluetooth対応チップセット市場は年平均132%で成長」,と米In-Stat/MDRの調査
米3Comが既存のプリンタとパソコンでBluetooth接続を可能にするプリント・キットを発表

発表資料へ