PR

 米Hewlett-Packard(HP),米Oracle,米Red HatがLiuxソリューションの動作保証と提供に関して協力体制を敷く。HP社が米国時間6月5日に明らかにしたもの。

 3社による協同ソリューションは,8ノード構成でクラスタ接続したHP社のサーバー「ProLiant DL580」とOracle社のクラスタ技術「Oracle9i Real Application Clusters」を組み合わせた環境で,Red Hat社の大規模企業向けLinuxディストリビューション「Red Hat Linux Advanced Server」を走らせる。

 HP社はLinuxベースのサーバーでReal Application Clustersの認定を受けた初めてのメーカーである。HP社とOracle社は共同で,Linux分野での拡張性や性能強化に努めてきた。両社のノウハウは,Red Hat Linux Advanced Serverに関するOracle社とRed Hat社の協力にも生かされている。

 「3社は共同で,柔軟性のあるフォールト・トレラント・インフラを構築した。顧客が望んでいた高性能の企業向け機能を手頃な価格で提供する」(Oracle社Database Servers部門執行バイス・プレジデントのChuck Rozwat氏)

 ちなみに米IDCの調査によると,Linuxを搭載した標準的なIntel Architectureサーバーの2002年第1四半期における全出荷台数のうち,ProLiantが25.9%を占めて市場首位の立場を維持したという。

 なお,Oracle社とRed Hat社はRed Hat Linux Advanced Serverの開発と試験を共同で進めていることを同日発表した。両社は,「性能,信頼性,クラスタリング,管理の容易性といった分野について,共同でLinuxの開発/試験/改良を行う」としている。

◎関連記事
米オラクルと米レッドハットが「Linux Advanced Server」を「Oracle9i Database」用に強化
米オラクル,Linux版Oracle9i Databaseのダウンロードが1週間で7000件突破
米レッドハットが大規模企業向けLinux「Red Hat Linux Advanced Server」を発表
米レッドハットがLinuxを導入する企業向けに新しいサービスを発表
レッドハットの企業システム向けLinux戦略は成功するか
米HPがLinuxとオープンソースのリーダーシップを認められると発表
「Linux」に針路を取れ
Linux推進団体OSDLが開発者向けにテスト環境を提供,企業でのLinux普及を目指す

 Linuxに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Linux」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]