米Novellが,Webサービス向けの仕様を検討する業界組織,UDDI Advisory Groupに加入した。Novell社が米国時間6月7日に明らかにしたもの。UDDIに加入することで,Novell社は「ディレクトリ技術に関する経験を生かし,Webサービスにおけるディレクトリの役割を正式な仕様とするよう尽力する」(同社)という。

 Universal Discovery, Description and Integration(UDDI)はWebサービスの整理/管理を行うための標準技術で,UDDI Advisory Groupが仕様の策定を行っている。

 同社が果たす役割について,Novell社標準技術担当ディレクタのWinston Bumpus氏は以下のように説明する。

 「当社は長年,拡張性があり堅牢なディレクトリ開発/導入に携わってきた。そのため,UDDIの採用促進に役立つ“当社ならでは”の方法で,UDDI Advisory Groupを支援する。UDDIレジストリはWebサービス用ディレクトリの根幹をなすもので,当社ほどディレクトリを理解している企業はない」(同氏)

 なお同社は,Webサービスの標準技術に関して次のような活動を行っている。

・UDDIの情報をLDAPディレクトリに格納する標準的な手法について,Internet Engineering Task Force(IETF)に仕様の草案を提出

・SOAPやXMLなどWebサービス用プロトコルを使ってディレクトリにアクセスするための共通スキーマ言語,Directory Services Markup Language(DSML)v2の導入作業

◎関連記事
ノベル,Webサービスのセキュリティ管理をNDSに統合するパッケージを発表
「ディレクトリ・サービスを経営に役立てる」,ノベルが新方針
米マイクロソフトがディレトリ情報記述言語「DSML 2.0」を提案へ
ディレクトリ管理情報の共通表現形式,米Sunなど8社が採用
WS-Iの参加企業が100社超に,ワーキング・グループを発足し2002年秋に成果物発表へ
「UDDIレジストリにJavaでアクセス」,米HP,米IBM,独SAPがUDDI用Java API「UDDI4J」で連携

[発表資料へ]