米Funk Software社が米国時間6月17日に,リモート・コントロール・ソフト「Proxy」の最新版を発表した。同製品は,ヘルプ・デスク人員やネットワーク・サポート技術者がリモートでPC,サーバー,ネットワークの問題を分析,解消するのを支援する。新版では,新しいセキュリティ機能やWindows XPサポートなどを追加している。

 新版では,セキュリティ機能としてオプションでWindowsの認証機能を使ったホストPCへのアクセス制御,シングル・サイン・オン機能が使える。また新しい暗号化機能も追加している。

 その他にも,フルスクリーン,スクリーン・サイズに合わせた表示機能,「History」と「Favorites」リスト,複数のリモートPCを設定した間隔で切り替えて監視する「Cycling Monitor」機能を追加して有用性を高めるとともに,「Windows XP」サポートも追加した。

 「新版では,ヘルプ・デスク人員,ネットワーク技術者,ネットワーク管理者の作業を合理化するための機能の追加とともに,新しい暗号化機能でセキュリティも強化している。そのため,リモートのユーザーとPCのサポートがさらに容易になっている」(同社副社長のJoe Ryan氏)

 エンドユーザー側のPCにインストールする「Proxy Host 4.0」とサポート人員側のPCにインストールする「Proxy Master 4.0」はともに,「Windows XP」,「同2000」,「同NT」,「同98」,「同ME」に対応する。「Proxy Master 4.0」は「Proxy Host 3.0」と「同4.0」の両方と相互運用性を持つ。同製品は,IP,IPX LAN/WAN,ダイヤルアップ・ネットワーク,VPN,インターネットを介して動作する。

 「Proxy 4.0」は,同社および同社のパートナ,VAR,システム・インテグレータ,ディストリビュータなどから入手可能となっている。新規顧客向けの価格は,Master/Hostが1組のバージョンで175ドル,Hostの100ライセンスで2200ドル。その他の組み合わせでも利用可能。メインテナンス契約を結んでいるProxyユーザーのアップグレードは無償。契約を結んでいない顧客向けのアップグレード価格は,直接同社に問い合わせが必要。

 同製品の30日限定の試用版は,同社サイトからダウンロードできる。

◎関連記事
「技術ではなく人間的要素が情報システム部門の最重要課題」,米DMR社の調査結果
CRMソフトの格安ASP,セールスフォース・ドットコムが11月13日から日本語版のサービスを開始
蘭フィリップスが,モバイル・データ・サービスを促進するアライアンスに参加
ホットスポットのローミング・サービスを推進する業界団体が発足,米ウェイポートや米シンボルなどが参加

発表資料へ