シャープの米国子会社Sharp Electronicsの一部門であるSharp Systems of Americaはノート・パソコン「Actius」の新モデル「MV10W」と「UM30W」を米国時間6月24日に発表した。6月25日~27日にニューヨークで開催される展示会「PC Expo」で披露する。

 Actius MV10Wは外寸が縦23.9×横28.2×厚さ2.5センチメートル,重量が1.7キログラム。DVD/CD-RW両用ドライブを搭載し,CD作成やDVD再生が可能。256Mバイトの主記憶,30Gバイトのハード・ディスク装置,12.1インチのLCDスクリーンを備える。

 Actius UM30Wは厚さ2センチメートル,重量が1.4キログラム。動作周波数866MHzの米Intel製「Mobile Pentium III」を搭載する。256Mバイトの主記憶,40Gバイトのハード・ディスク装置を備える。オプションの拡張バッテリを使用した場合の連続駆動時間はおよそ7.5時間。標準装備のバッテリを使用した場合は約2.5時間である。USB対応の外付けCD-ROMドライブが付属する。

 両モデルとも802.11b準拠の無線LANサポート機能を組み込む。複数の無線ネットワーク用の設定を保存できるため,家庭,事務所,空港,ホテルなどで無線LANを使用する際に,素速く設定を切り替えることが可能。

 価格はActius MV10Wが2199ドルから,同UM30Wが1999ドルから。1年間または3年間の「Express Exchange」保証が付く。

◎関連記事
米HPが「Compaq Evo」ブランドの新型デスクトップ/ノートPCを発表
米アップルが「iBook」の新モデルを発表
「CFOはモバイル機器がお好き,8割近くが携帯電話機/ノートPCを愛用」,と米RHI
「ノートPCユーザーはマシンを手放せない,41%が車で移動中に使用」,米インテルの調査
「米国のホットスポット利用者は2007年に2100万人」---英企業が調査
「2006年のホットスポットは4万2000カ所で2001年の21倍,市場の売上高は約57倍に」,米企業の調査
英国航空が機内広帯域ネット接続サービスの試験運用を開始へ

[発表資料へ]