PR

 米3Comが米国時間6月25日に,2002会計年度第4四半期(2002年3月~5月期)の決算を発表した。売上高は3億3900万ドルで前期と比べて5%減少。純損失は2400万ドル(1株当たり損失は7セント)で,前期から2億1200万ドルも赤字額を縮小した。一時的な費用を除いた純損失は1300万ドル(同4セント)となる。

 粗利率は44%で前期と比べて6ポイント増加した。買収費用やリストラ経費を含めた営業支出は1億8700万ドルで,前期から1億2100万ドル減額した。

 「厳しい1年だったが,我が社は非常に素晴らしい進展を遂げた。顧客関係から財政まであらゆる側面において,良いかたちで会計年度を終えることができた」(3Com社社長兼CEOのBruce Claflin氏)

 同社は,「米大陸など特定の地域で企業市場が回復する」と予測している。「過去1年間に,いくつかの明るい兆しが見てとれる。2002会計年度後半の企業向けインフラ事業は同前半より3%成長した。2002会計年度第4四半期の製品売上高は同第3四半期より4%増加している。同第4四半期のレイヤー3ギガビット・スイッチの売り上げは前期比16%成長した」(3Com社)

◎関連記事
米ベルサウス,4000~5000人の従業員を削減するリストラ策を発表
加ノーテルが2002年Q1決算報告,売上高は前年同期約半分の20億9100万ドル
米ワールドコムの2002年1Q決算は前年同期比減収で大幅減益
■「ギガビット・イーサネット市場は2005年に440億ドル規模に」,米企業の調査
MAN/WAN向け10GビットEthernet市場は2003年に2500%増の18億ドル規模へ

[発表資料へ]