PR

 米Sybaseと米Sun Microsystemsが米国時間6月26日に,中小企業向けデータ管理システムに関して提携を結んだと発表した。両社の共同ソリューション「iForce Solution for Economical Data Management」はチャネル・パートナを通じて提供する。

 iForce Solution for Economical Data Managementは企業向けのデータ管理,分析,災害時復旧機能などを備える。Sun社のサーバー「Fire V880」や「同V480」と,Sybase社の企業向け解析ソフトウエア「Adaptive Server IQ Multiplex」を組み合わせる。

 8ウエイのFire V880と4ウエイの同V480は拡張性の高い企業向けアプリケーションを視野に入れており,「価格はPCサーバー並み」(Sun社)という。動作周波数900MHzの64ビット・マイクロプロセサ「UltraSPARC III」を搭載する。

 iForce Solution for Economical Data Managementは「iForce Solution」ファミリの一つという位置づけ。iForce Solutionには,Sun社とSybase社の技術をベースにした「Reference Architecture for Very Large Data Warehousing」も含まれる。

 iForce Solution for Economical Data Managementの価格は7万ドルから。すでに提供を開始している。

 「社内のデータを収益増加に結び付けることは,大企業に限らず必須の課題だ。しかし,必要とされる処理能力や分析能力は多くの企業にとって手が出ないものだった。Sun社と協力し,我が社のデータ圧縮技術や解析技術を用いたiForce Solution for Economical Data Managementは,こうした企業の要求に応える」(Sybase社Business Intelligence Division部門上級バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャのEric Miles氏)

◎関連記事
米サンとサイベースがデータ・ウエアハウス向け新アーキテクチャを発表
米サンがラックマウント型4ウエイ・サーバー「Sun Fire V480」を発表
米サンがサーバーの新製品「Sun Fire V880」と「Netra 20」を発表
米サイベース,リレーショナルDB管理システムをMac OS X対応へ
2001年のDBMS世界市場は前年比1.4%成長,米IBMが米オラクルを抜いて首位獲得――Dataquestの調査
米Quest SoftwareがOracleデータベース管理ソリューションにパフォーマンスを最適化するコンポーネントを追加
米オラクルと米レッドハットが「Linux Advanced Server」を「Oracle9i Database」用に強化

[発表資料(Sun社)]
[発表資料(Sybase社)]